日産フェアレディZ34スピーカー交換

日産フェアレディZ34にスピーカー交換のご依頼がありましたのでレポートいたします。スピーカーは前の車で使っていたJLオーディオのスピーカーを持ち込みでのスピーカー交換です。

日産フェアレディZ34

ご依頼頂いたZ34はボースシステムがついており、お客様はボーズシステムを外してサウンドナビに交換できないかご相談を受けました。ネットでの情報では交換した例も見つけましたが実際にできるかどうかは純正外してみて検討することにしました。果たして交換できるのか?。

 

早速、作業に取り掛かります。まずは純正ヘッドを外して調べてみましたがパネル類はナビ付でない純正のパネルに交換はできるようです。その場合、エアコンのスイッチ類は別に純正を用意が必要です。しかし、ナビのモニターにエアコンの温度表示があるナビ付車は交換できないようです。エアコンのスイッチのコネクターが合いませんでした。下の写真は交換しようと用意したエアコンスイッチで黒のコネクターです。元々は白のコネクターでコネクターのピン数が違うため、エアコンアンプを交換しても接続することはできません。

Z34エアコンパネル

白コネクターのピン数はエアコンの操作部だけでなく、どうも液晶パネルに出力するための情報のピン数があるようです。純正のパネルの上部には液晶モニターと接続するためのコネクターが余分にあります。そのためコネクターの数が違うのだと思います。これ以上の作業続行は難しいと判断して元に戻すことにしました。あとでわかった事ですが、Z34でボースシステムが交換できるタイプのものはナビなしのボーズシステム付き車のみ交換可能だとわかりました。ただし、バックカメラが純正から変換できない為、バックカメラは別に取付する必要があります。

 

交換できないことを依頼者へ連絡して相談してDSP内臓アンプ、HELIXのマッチM-5DSPとユニバーサルコントローラーURC-3、オーディオテクニカのデジタルトランスポート・D/AコンバーターAT-HRD1 を取付する事にしました。純正オーディオと切り替えしてポーターブルプレーヤーや携帯などを切り替えで音楽再生します。

いろいろと決まったところで本格的にスピーカー交換作業にはいりました。先にDSPなどの商品を発注して待っている間にドアを加工していきます。まずはデッドニング作業からです。

Z34ドア

ドアは大きいです。制振材も多くいりそうです。ドアトリムを外します。

Z34ドア

Z34の純正ボーズスピーカーです。楕円の形となっています。(写真がピンボケですみません。)

スピーカーのみ外してみると変形したマウントがついています。これは厄介だぞ!。バッフルが複雑になって手間がかかる。

Z34純正スピーカー Z34純正スピーカーマウント

先に厄介そうなインナーバッフルをある程度まで形を作ってみることにしました。かなり多板にしないと作れそうにありません。バーチ材を切り出して張り付けしていきます。
Z34インナーバッフル板切り出し Z34バッフル作製

貼り合わせた板を鉄板の形に成形して削っていきます。かなり合わせるのが難しく一日中削ったり合わせたりしてなんとか形にできました。インナーバッフルを作るだけでも2日もかかってしまった。

Z34インナーバッフル Z34インナーバッフル

インナーバッフルに塗装と防水処理、ツィーターカップ削り出ししました。

Z34インナーバッフルとツィーターマウント

インナーバッフルができたところでデッドニング作業します。ドアのサービスホールは鉄板でおおわれています。ねじで止まっているのですがただ外すことはできないようです。調べてみると先にガラスをある位置で取り外してガラスのスライドレールは完全に外さないで取り外しします。緩めると後が厄介です。ドアの構造を確認して取り外ししました。少し工夫しないと素直に外れません。

Z34ドア分解

Z34ドア分解

デッドニングで制振材を貼り付けします。今回はフロントドアのみでしっかりとローエンドまで鳴らしますのでローエンドまで耐えれるような強度を作ります。確かめながら制振材を調整しました。

Z34制振材貼り付け

この状態でスピーカー線も通しておくことにしました。コネクター外していみると余分に配線が通す穴があり割と簡単に通りました。

Z34スピーカー線通し

ドアパネルを元に戻します。パネルに制振材を貼り付け強度確保しました。インナーバッフルも取付しました。

Z34デッドニング

スピーカーを取付します。ドアトリムの形状が悪くスピーカーとの密着が悪いのでスピーカー回りにウエーブキャンセラーというのを使いました。

ドアスピーカー部 ウエイブキャンセラー

ドアトリムを元に戻してドアは完成です。ツィーターは先に作っておいたバーチ材のマウントでダッシュに取付しました。

Z34ツィーター取付左 Z34ツィーター取付右

DSP内臓アンプマッチM-5DSPとユニバーサルコントローラーURC-3、オーディオテクニカのデジタルトランスポート・D/AコンバーターAT-HRD1 を配線します。ハイパワーモードにするためDSPの電源はバッテリーより取りました。左助手席の足元に少し平になっている部分があるのでそこに音質調整してから納めます。写真は調整する前の状態です。M5−DSP

全体ができたところで簡単に初期設定をDSPに入れます。鳴らす前にツィター線だけは接続しません。なぜなら接続したまま電源入れるとフルレンジの入力となりツィーターが焼けて壊れてしまいます。セッティングは慎重におこないました。音が出せるようになったところでツィターのスピーカー線を接続して初期エージング数時間行いました。そのあと細かいタイムアライメントによる位相合わせや適性な特性になるようクロスオーバーの設定を入れ直して全体をまとめていきます。いろいろな音源を聴きながらまとめました。

 

お客様に車の引き取りに来ていただき試聴して頂きます。この時点で悪いところがあれば修正するのですが、試聴して車から降りてきたときに「やっと持っていたJLAUDIOのスピーカーが聴けるようになった。」と満足して頂けたようです。

先日エージングも進んで再調整してみると少し過度に調整していたイコライザーも戻したりできる限りオーナーさんの聴く曲に合わせた聴きやすい音質へ調整させて頂きました。オンキョウのポータブルプレーヤーでいろんな音楽を楽しまれていました。これからできる限りで少しずつグレードアップしていくそうです。カーオーディオライフを楽しんでほしいですね。

 

音楽を楽しめる音作りが当店のモットーです。今回のように少し難しい車であっても音質にかかわるところはこだわっていこうと思います。Z34のオーナー様本当にありがとうございました。またのご来店お待ちしております。

 

追記

12月の作業日程が空いておりますのでスピーカー交換などのご依頼お待ちしております。他店で取付したけど音にいまいちと思っておられたらご相談ください。音質調整だけでもやりますのでお気軽にお問合せください。

 

JUGEMテーマ:カーオーディオ

<スポンサードリンク>


2018年モデルマツダCX-5にモレルスピーカーmaximus602取付レポート

2018年式マツダCX-5にモレルマキスマス602を取付したのでレポートします。お客さまは近県の方です。他の店に行ったら余分なアンプかわされそうになり不審に思って当店へ訪ねて来られました。無駄な買い物せずスピーカーだけ交換で良い音を出したいとのことでした。ヘッドユニットは純正のままです。

2018年モデルCX-5

当店でマツダ車の取付は多いほうだと思います。今回は新車で入ったCX5に取付で神経も使い気合入って取付いたしました。では早速ドアからみていきましょう。

2018年モデルCX-5ドア

外見からはさほど変わっていないと思っていたらスピーカーがついているパネルが変更されていました。ドアトリムの形状も全然違います。写真は純正のままです。

2018年モデルCX-5ドアスピーカー

ドアトリムと純正スピーカーとの密着が悪く音のほとんどがドアトリム内に逃げてしまい音が悪い。対策が必要ですね。

2018年モデルCX-5ドアトリムスピーカー部分

以前のインナーバッフルが使えませんので新しく型を起こしてインナーバッフルを作ることにしました。下の写真は旧マツダCX-5のインナーバッフル

マツダインナーバッフル

2018年モデルCX-5のインナーバッフル。耐水バーチ材にて作製。バッフルが薄いように見えるがそれなりの厚さがあり、スピーカーの厚さも考慮しての厚みとなっています。

2018年モデルCX-5インナーバッフル

バッフルができたところでデッドニングに入ります。サービスホールを塞いでいるパネルを外します。ドアモーターのネジを外してパネルがついているネジを外せば外せます。ただしこのままではガラスが落ちてしまいます。本来ならガラスを外しパネルとスライド部分を外すのが正しいやり方ですがちょっと面倒なのでこのまま行います。制振材をほぼ全面に貼りました。

2018年モデルCX-5ドア分解

サービスホールを塞いでいるパネルを制振塗料を吹き付けして制振しました。晴れていたのですぐに乾きました。雨だと1日以上かかることもあります。冬場だとかんたんに乾かない。(泣)

2018年モデルCX-5ドアパネル制振

デッドニングができるとドアを組み付けて元に戻します。

2018年モデルCX-5デッドニング

スピーカーを取付します。ドアを元に戻してドアは完成です。

CX-5モレルスピーカー取付

ツィーターはスピーカーセット付属のマウントを利用して取付しました。

CX-5モレルツィーター

CX-5モレルスピーカー取付

少しエージングして音出ししてみると何もしなくてもフラットなバランスで鳴ってくれていました。周波数測定をしてみると聴いた通りのフラットな音でEQもいらずで良い音でした。

しっかりデッドニングしてスピーカーの取付方法を間違わなければ確実に良い音になることが証明できた車となりました。

 

追伸

相変わらず、スピーカーつけたんですが音が悪いとか不満などの問い合わせが多いです。カーオーディオの業界が悪いのか不審に思います。カーオーディオを販売している店の知識の無さが目立ちますね。しっかりしてください専門店様。又、ネットでのデッドニング材などの物が売りたいが満々わかる誘導サイトのいい加減な情報サイトもヘドがでます。迷わされす自分の足で探すべきで買う側ももっと店を調査すべきでと思ってしまいます。失敗してからでは遅いのですから!。いつになったら明るいカーオーディオの未来が来るのでしょうか。

 

 

JUGEMテーマ:カーオーディオ

<スポンサードリンク>


トヨタプリウス30系サウンドナビNR-300PREMI+ブルームーンオーディオAX165取付レポート

トヨタのプリウス30系にサウンドナビNR-300PREMIとブルームーンオーディオAX-165取付しましたので完全公開レポートいたします。

トヨタプリウス30系

お客様は関西よりのご依頼です。取付するならシンプルで音が良いと考えてサウンドナビプラスフロントスピーカーの組み合わせだけでクオリティの高い音を狙います。

 

早速、作業開始です。

 

ドアから開始です。ドアトリムを外すと別のスピーカーがついておりました。バッフルも作ってあったのですがあまりにも雑な取付で唖然としました。バッフルは適当にねじで止めてありました。そこで正規の穴にリベット止めナットをつけました。

スピーカー取付直しリベット付け

アウター側のドアにデッドニングを行います。制振材の貼り付けですが今回はブルムーンオーディオAX165でサブウーハーが無くても十分に耐える音を出すため多めに制振材をはりました。プリウスはドアの鉄板が結構弱く強度不足のため適当に制振すると効果が発揮しません。

プリウスデッドニング

スピーカー取付回りの適当に空いた穴はあとで制振材にて隠しました。

プリウススピーカー穴制振

サービスホールもきれいに塞ぎます。デッドニングはこれで十分な強度を得ることができました。

プリウス30系デッドニング

バッフルですがいつもより少し凝った取付方法になりました。そのわけはインナーで取付なのですがドアトリム側の余裕なあまりなくスピーカーのエッジの出っ張りやフレームの厚みなどの問題があってスピーカーの厚みとエッジの厚み分を落とし込んで作りドアトリムとの完全な密着を目的としたバッフルの形状に作り込みました。写真ではわかりにくいかもしれません。

プリウスインナーバッフル

プリウスインナーバッフル

ドアにバッフル固定とミッドバスを取付します。配線はナノテクのHIーOFC使用しました。

プリウスインナーバッフル作成

スピーカーがつくとこんな感じです。エッジが出っ張らない形です。通常の倍の手間かけてしまいちょっと凝りすぎたかな?と思いながら音が良くなる事が目標ですから今回は仕方がないです。

プリウススピーカー取付

ドアトリムにも少し制振や工夫をしてドアトリム戻してドアは完成です。

 

ツィーターの取付ですがブルームーンオーディオのAX165のツィーターには取付マウントが付属していません。そこで取付用のカップをバーチ材で作りピラーへつけることにしました。元はダッシュにでも置き型でつけるこもりでしたがオーナーさんがDVDのライブなどを臨場感のある音で聴きたいとの話を聞いたのでピラーへ取付して広がる音場を目指した取付方法にしたほうが良いと考えて取付してみました。

ブルームーンオーディオAX165ツィター

角度的には少し広がる方向としました。

プリウスブルームーンオーディオAX165ツィーター取付

スピーカーの取付っしゃ以上であとはサウンドナビNR-MZ300PREMIを取付キットを使って取付しました。

プリウス30系サウンドナビ8型取付

簡単な基本セッティングを済ませて初期エージングをします。1〜2時間行って本調整に入りましたが音がどんどん変わっていくのでセッティングに時間がかかりましたが納得のいくセッティグができました。しかし、お客さんに渡したあともっと変化していくと思われますが悪い方向でなく出なかった音の情報が増していく感じになると思います。

 

完成したことをお客様へ連絡して取りに来ていただきました。音の仕上がりは十分で低音から広域にかけてバランスの良い音になったことを実感して頂き引き渡ししました。

 

あとでメールもらったのですが、低音の量感やローエンドの音の情報もアップして鳴らしこんでいくともっと音質が良くななったとの報告を受けました。「やばい音だ」そうです。「取付する人がまともだとナビとフロントスピーカーだけでもこんなにならすことができるのですね」とのお言葉頂戴しました。ハイエンドばかりがカーオーディオの世界でない。しっかりとした取付と調整技でハイエンドをしのぐサウンドにすることは可能なのです。

 

次世代サウンド構築は今までのやり方じゃダメ。20年も前と同じ取付方や調整をしていたのでは化石の世界と同じです。進化するカーオーディオの考え方。それが当店のやり方なのです。金をつぎ込めばいいってもんじゃないです。

カーオーディオにお困りの方がありましたらご相談ください。ご来店お持ちしております。

 

今回の取付作業は関西の方で以前にカーオーディオのサウンド調整をされたが調整した音が大変良かったとのことで知り合いの方をご紹介して頂きました。大変ありがとうございました。感謝申し上げます。

 

JUGEMテーマ:カーオーディオ

<スポンサードリンク>


ルノーコレオス モレルTEMPO Ultra602取付レポート

先日、ルノーコレオスのスピーカー交換のご依頼があり、取付作業しましたのでレポートいたします。スピーカー取付はモレルのテンポウルトラ602です。

ルノーコレオス

ルノーコレオスのスピーカー交換がやった事がなかったのでスピーカー交換例がないかgoogleで検索してみるとなかなかないですね。ドアの分解の手がかりがないか探っていたのですが見つからずでした。実車とみらめっこしながらのスピーカー交換作業となりました。

 

早速、紹介していきますね。同じクルマの人は参考になるかと思います。

ドアトリム取り外しからですがドアの取っ手の部分に2箇所のネジ、ドア開閉レバーの所の1箇所のネジを取り外しして、ドア下のライトを外して置くと簡単に外せます。ネジを外してしまえば国産車のようにクリップになっているので引っ張ると外れました。

ルノーコレオスドア

ドアトリムを外すとサービスホールはプラスチックパネルで覆われています。スピーカーは日産車と同じスピーカーがついていました。多分共有しているのだと思います。どことなく日産車にも思えてきますがやっぱり外車と感じる部分もあります。

ルノーコレオスドアとスピーカー

さて、デッドニングをするためにはこのパネルを取り外ししないとデッドニングはできないのですが、ただネジを外してもだめです。よく見るとガラス昇降するモーターがパネルについているのですがモーターを先に外してしまうと大変なことになります。簡単に元に戻せない可能性があることに気が付きました。このタイプでよくあるのが先にガラスを取り外ししないと外す事ができないタイプでした。かなり面倒です。(素人は手を出さないほうがいいです。)

そこでパネルに張り付いている丸く塞いだシールを外しガラスを取り外し位置まで降ろしてガラス取付のネジを外してガラスを傷つけないように保護してそっとドアから抜き出しました。そのあとパネルを外すとガラスのスライドレールごと一体で外れます。ガラスは傷付けないように置いて置きます。

ルノーコレオス ドアガラスと昇降レールパネル ルノーコレオス ドアガラス 取り外し

ドアのパネル、ガラスを外すとデッドニングができます。

ルノーコレオスドア分解アップ写真 ルノーコレオス ドア分解

サービスホールを塞いでいるパネルからデッドニングすることにしました。まずはレール部分とレギュレーターモーター類をマスキングします。制振塗料を何度か吹付けして乾燥させればパネルのデッドニングができました。
ルノーコレオス サービスホールパネルマスキング ルノーコレオスデッドニング

ドアの外板側のデッドニングです。今回はドアのみでモレルのTEMPOウルトラのミッドバスの低音をしっかりと出したいのでほぼ全面に制震材を貼りました。(写真を見ようみまねでDIYやっても効果は保証できませんので真似しないでください。失敗する可能性があります。)

ルノーコレオスデッドニング

貼り終えたらサービスホールのパネルを戻しガラスを組み付けしてデッドニングは完成です。ガラスを戻すときにはうまくガラスを入れないとスライドレールでガラスを傷つけてしまう恐れがありました。かなり慎重に一人で行うのは大変な作業です。(やりたくない(半泣))この時点でスピーカー配線を通しておきました。

ルノーコレオススピーカー配線通し

 

ルノーコレオスデッドニング

スピーカー取付のインナーバッフルを作製します。色を塗って防水処理をしてドアにネジで取付します。バッフル厚さは純正と同じ30mm。写真は色を塗ってしまった後なのでわかりくくてすみません。ドアトリムの形状から判断してスピーカーのエッジがはみ出さないようにしたいためスピーカーを落とし込む形状にしました。

ルノーインナーバッフル

スピーカーを取付します。ドアトリムの形状が前方に行くとスラントしているためとスピーカーがドアトリムの穴と一致できず密着できない為、オスカーインターナショナルさんが販売しているNEWウエーブキャンセラーを使うことにしました。黄色いものがNEWウエイブキャンセラーです。

ルノーコレオス モレルスピーカードア取付

ドアトリムを元に戻せばドアのデッドニングとスピーカー取付は完成です。

ツィーターのマウント作製です。スピーカーセットの中には簡単に付けられるマウントも付属なのですがちょっとこだわって作製してみました。

ルノーコレオス morelツィターマウント

 

モレルツィーターマウント モレルツィーターマウント作製

 

ダッシュ先端部分に取付してクロスオーバーネットワークに配線しました。

 

ルノーコレオス ツィーター取付左 ルノーコレオスモレルツィーター取付右

配線などが終わりダッシュのツィーター取付の感じはこんな風です。写真はナビの調整中です。ナビは付いていたPanasonic製。

ルノーコレオスカーナビとスピーカー取付

調整ではパッシブクロスオーバーなのでタイムアライメントはセンターに定位するように設定。リアのレベルはフロントの出力に邪魔をしないレベルにダウンしておきました。

イコライザーを使わなくても十分に聞けるのですがあえて少しオーナーの好みに合わせたアレンジを3パターンのイコライザーをプリセットしました。

これですべて完成です。最近はドアをしっかり作っているので調整で何もしなくてもきれいにバランス良くなってくれます。デッドニングの大事さを感じると共にスピーカーの取付け方法にも工夫しないといいスピーカーでも音が悪くなってしまうことを実感しています。

 

早速、車の引き取りの連絡入れるとその日に引き取りに来てくれました。車に乗り込んで音楽を聴くこの瞬間が緊張する時です。オーナーさんが気にいってくれるのかが気になるのです。少し音楽を何曲か聴いてテストされています。

やっと降りてきた時に、低音から高域にかけてバランスよくなっていて音の定位、フォーカスも良く良いと言ってくれました。一安心。これからは「エージングを進めると共にクサウンドナビなどに変えたりしてオリティアップができるといいですね。」このままでもかなり十分なサウンド。

 

車を引き渡し跡にして安心しました。トラブルなく音楽を楽しんでもらいたいですね。

以上です。

 

店主のぼやき

 

ブログの長期更新できなくて申し訳ございませんでした。
8月のライブイベントでは演奏も素晴らしく感動しました。来て頂いた方はかなりお得でした。また、8月後半から9月中頃までは稲刈りなどで店のほうはうまく営業できずでご迷惑おかけしました。最近になって良いご縁でご依頼など頂いており、本当に感謝申し上げます。

 

お知らせ
スピーカー取扱についてですがハイエンド系の取扱も再開いたします。最近の車の事情に合わせたプラニングとセッティングを行いますのでご相談くださいませ。

取付作業は少し空いておりますのでご依頼をお待ちしております。調整だけでもお受けします。よろしくお願いします。

 

JUGEMテーマ:カーオーディオ

 

<スポンサードリンク>


ホンダ2018フリードプラス morel maximo ultla602取付

新車で入った2018年の新型フリードプラスにモレルのマキシモウルトラ602をつけさせて頂きましたのでレポートします。
2018フリードプラス

お客様は数年前に当店でモレルを買って頂いたお客様です。今回は新車で純正ナビ(ダイヤトーンナビ)を活かしたスピーカー交換だけでどこまで真剣に良い音を作り上げるかをテーマに純正ナビで能率よく音の出せるモレルのマキシモウルトラ602を取り付けして楽しめる音作りを目指した取付作業になります。早速作業開始です。

車が以前のフリードより一回り大きくなているのでドアは結構大きく感じます。

2018フリードプラスドア

 

2018フリードドア

 

デッドニングです。ドアが大きい為、制振材を少し多く貼る事にしました。フロンドのドアだけでも十分に歪なく低音を出す狙いです。ちょっと多すぎと思われるかもしれませんが最近の車は燃費思考の為、軽量化を図りドアが音を歪なく鳴らすためには強度は弱いです。

2018フリードドアデッドニング

 

サービスホールの穴埋めです。サービスホールの穴が大きいですから強度不足になりがち。何らかの強度対策は必要。写真に写っていないが対策済みです。

2018フリードドアデッドニング

 

スピーカー配線ですが純正配線を使わずお客様が以前から使っていた物(ナノテック・システムズのスピーカー線)を使う事にしました。音質のちょっとしたこだわりですね。

ホンダドアスピーカー配線

 

インナーバッフルの作製です。

ベースと固定用スペーサーを作って張り合わせて作りました。鬼目ナットを使って裏側からしっかり固定できるようにしました。スピーカーの落とし込みや細かいところまで加工入っていのがお気づきでしょうか。

フリードインナーバッフル作製1

フリードインナーバッフル作製2 フリードインナーバッフル作製 裏

 

スピーカーの取付です。きっちりとスピーカーがきれいに収まっています。ドアトリムがつくと隙間なく純正のようにきれいに収まります。ドアトリムを戻せばドアは完成です。

2018フリードプラスモレルスピーカー取付

 

ツィーターの取付です。スピーカー付属のマウントでも取付は可能ですが、今回はツィターマウントにこだわってみました。バーチ材で傾斜したマウントを作りました。

バーチ材ツィーターマウント モレル バーチ材ツィーターマウント

スピーカーの配線作業の為純正ナビを外してスピーカー配線をつなぎました。純正配線のコネクターの細い配線を切ってしまうとトラブルの元になりやすいので純正配線はカットせず、PPACアダプターPP-AC48を使い配線を加工して新たに引き回ししたスピーカー線をダイレクトにつなぎました。パッシブネットワークはシート下へ取付しました。

2018フリードナビ取付

 

ナビなど戻して取付作業は完成です。

調整に入ります。調整は純正ナビがダイヤトーンのナビだけあってサウンドナビのような調整機能が少し入っています。ポジションなどもあり、多くは調整できないのですがイコライザーだけ31バンドありましたので細かい音質調整はできました。

パッシブネットワークであってもちゃんとダッシュボードセンターに定位します。音の広がり感や音質も全く問題し。スピーカー取付をまともに理屈道理に取付してあればイコライザーの調整も多くいじらなくても普通に十分に聴くことができています。

納車前に引取の車屋さんとお客様で音を確かめに来られ満足してくれたので一安心でした。当店をお選び頂きありがとうございました。再調整などは後日必要であればご来店頂きたいと思います。

 

 

お知らせ。

販売キャンペーン中です。今回はちょっと背伸びしたグレードでワンランクの音を楽しんでもらえるプランを用意しています。これからのドライブも音の良さでさらに楽しんでもらえる内容ですのでご購入お願いします。
詳しくはこちらのページでhttp://www.studio-messe.com/sale_information/

 

 

追伸

少し前にあったことですがデッドニングのミスを紹介します。当店で作業してやったものでなくとある量販店の作業です。お客様がスピーカーを取付したが音が良くないとの話でした。車に乗って聞かせてもらうとなにやら取付ミスをしているような音がしていました。修理を請け負ってドアを外してみるとあリぁ〜。ダメだはこりゃ。ぱっと見ためはまともに見えるがこの手の材料で穴埋めは適していません。ブチルの粘着が弱く剥がれてしまいます。よくある量販店やネットで売っているでキットというやつです。これを買って間違ったことやるとあとでえらい目にあいます。

量販店のデッドニングミス

デッドニング材が剥がれて浮いてしまい穴も空いています。音漏れはするはそのうちドアの水漏れが心配です。配線の通っているところが穴から水漏れする可能性があります。

量販店のデッドニングミス

これを直す話があったのですがお客様の修理予算がなく渋々、できるかぎり制振材を抑えて元に戻しました。ツィーターの位相も左右で逆相接続であったのも直し、ついでにツィーターの位置を変更してセッティングし直すと次元の違うまともな音に変化。でもこれが当たり前の事。

お客様の言うには結構お金を出したから良い音になるだろーと思ったそうです。スピーカーをただ交換すればいい。お金を高く出したから音がよくなる保証は全くありません。正しく取付してセッティングをすることで普通に鳴ってくれるのです。なにか間違えば悪くなるのがカーオーディオの世界です。同じお金を出すなら店を選べ!。

貴方も大金はたいて失敗する間に当店へご連絡を!お待ちしております。お問い合わせページよりご相談くださいね。

JUGEMテーマ:カーオーディオ

<スポンサードリンク>


マツダアテンザワゴンモレルMmaxio Ultra602サウンドナビ取付

ボーズシステム付きのマツダアテンザにモレルのマキシモウルトラ602とサウンドナビNR-MZ200premiを取付しましたのでレポートです。

 

お客様は県内の方でマツダアテンザのボーズサウンドがどうも低音が濁った音で満足できないとのことでご相談うけました。最初はあまりお金をかけないように調整など行いましたがボーズシステムの低音がドコドコして濁っているので、ボーズシステムのスピーカー変えずに音質改善としてまずはデッドニングだけでもと作業させて頂きました。

ドアの外板側の面積が大きく低音が響くとどうしても音が濁ってしまうので少し多めに制振材を貼り付けしました。

マツダアテンザデッドニング

穴を塞いでいるパネルを防振します。吹付による制振塗料にて処理しています。

アテンザサービスホールパネル防振

できたらスピーカーなど元に戻して出来上がりでお渡ししました。一度は満足していただけたのですが、モレルのサウンドが気になりスピーカーをつけたいということになりました。

しかし、ここで問題なのはアテンザ純正のボーズシステムはそのままではスピーカー交換できません。アンプが特殊というか純正スピーカーのインピーダンス合わせているので他メーカーのスピーカーをへの交換はできません。

モレルのスピーカーをつけるにはメインのヘッドユニットを交換してダイレクトにスピーカーを交換するしかありませんので思い切ってナビを交換してスピーカーをつけることにしました。

 

現在の新しいアテンザはマツダコネクションで交換はできませんが、モデルチェンジ前に買った車だったので調べてみると交換できることがわかりました。

取付キットなどを用意して取付にかかりますした。ボーズのアンプはどこにあるのだろうと探してみたら運転席の右キック上にありました。もし、純正ヘッドユニットでDSPアンプ付ける場合はここのアンプ出力の配線加工してつけることは可能です。

アテンザボーズアンプ場所

ドアへスピーカー配線を通します。ドアコネクターを外してみました。

マツダアテンザドア配線コネクター

ちょっと外すにはコツがいります。そのまま抜こうと思ってもなかなか外れず苦労しました。

アテンザドア配線コネクター

このコネクターにどうスピーカー配線通すか考えてみました。コネクターを一部壊して通す方法もありますが元に戻すことも考えて何とか壊さないで通す方法がないか考えた結果わずかな間から通すことができるとわかりやってみましたらうまくできました。

アテンザスピーカー配線 アテンザスピーカー線通し

左の写真のようにスピーカー線をテープで抑えておかないとスピーカー線の太さが邪魔してピラーには戻せません。これができるとスピーカーのバッフル作りにとりかかります。数枚バーチ材を張りクランプでがっちり合わせて作っていきます。

アテンザインナーバッフル作り アテンザインナーバッフル

スピーカーの落とし込みをつけました。スピーカーのエッジが動いた時ドアトリムとの緩衝を防止するためです。

マツダインナーバッフル

防水の為塗装してバッフルは完成です。

インナーバッフル防水

ドアにインナーバッフル固定してスピーカー取付します。ツィーターはダッシュボードへ固定しました。

アテンザモレルスピーカー

ヘッドユニットのサウンドナビ取付です。純正ナビを外して配線をします。

アテンザナビ配線

ナビ金具取付。左が純正で右がダイヤトーンサウンドナビNR-MZ200premi

アテンザサウンドナビ金具取付

ナビ本体を配線コネクターでつなげば取付作業は完了です。

音だしテストしてみるとイコライザーがなくても十分に聞ける満足の音でした。基本的なクロスオーバーネットワーク設定とタイムアライメントいれてハイ完了。

 

イコライザーは聞く好みの曲に合わせたパターンを3つ作って完了です。

ドアの処理がきっちりできているとスピーカーが素直になってくれますしイコライザーをいじらなくても音が非常に良いです。イコライザーをたくさん触らないと音がまとまらないのであればそれはデッドニング、スピーカー取付方のミス、調整の間違いです。

下手な音作りか見分けるにはナビの調整画面見れば一発でわかります。たくさんデーターを入れてイコライザーがぐちぐちゃならこれは下手なやり方ですし、スピーカーをいじめているだけです。本当は機材も悪くないしスピーカーも悪くない。スピーカーを自然に鳴らせる条件が悪くなっているだけですから。

 

あなたもこのような悪いループにはまっていませんか。もしそのようであれば当店へご相談ください。

 

お客様へ車をお渡しして十分に満足頂けたようです。当店を選んで頂きありがとうございました。

カーオーディオの取付や再調整などご相談ください。他店での取付、DIYの方のご相談もお受けしますのでお気軽にご来店ください。

 

 

凄いお知らせがあります。イベント予告です。

 

8月19日(日曜日) OPEN6時30分 開演19時よりスタート (1〜2時間演奏予定)金沢市片町RIVERSIDE http://riverside-kanazawa.com/にてJAZZライブ開催します。
入場料は予定で前売り3,500円、当日4,000円。1ドリンクサービス有(追加はご自身でお支払いください。)

 

日本で活躍する有名ギターリスト岡安芳明さん、
オフィシャルホームページhttp://yoshiakiokayasu.com/

と田辺 充邦さん、オフィシャルホームページhttp://tanabe-mitsukuni.com/

のお二人をお招きしてギターを中心にソロ演奏、セッションなど演奏してくれます。
CD販売あり。ご本人より直筆サインしてくれます。

お二人は非常に多忙な方で東京を中心に活動されていますがプロフィールを見ていただくとその実力がわかります。またYoutubeなどでもたくさん動画でアップされていますので御覧ください。

 

ジャズライブは当店が企画したもので先日、岡安さんと親しくなり、一緒にセッションする機会があったのですがいろいろお話していたら私が主催で金沢でのライブが実現できることになりました。こういった日本で凄い実力のあるプロの人を迎えた大きなイベントは初めてです。自分もジャズギター演奏を通じて嬉しさと反対に緊張していますが、内容はお二人のセッションとトーク、質問やRIVERSIDEさんママの素晴らしいボーカルセッションなど楽しいイベントライブにしたいと思っておりますので是非、ライブを見に来てくださいね。会場の近くは金沢の繁華街、片町ですからいろんなお店やホテルなどもありますので一日中、楽しんでもらえると思います。

 

ライブが見たいという方は是非、当店へご連絡ください。予約の方優先でお席を確保いたしますのでお問合せページよりメール送信してください。

 

また、詳しい内容をホームページなどでもアップ予定していますので御覧ください。では、ご期待を!。

 

JUGEMテーマ:カーオーディオ

<スポンサードリンク>


スズキジムニー静音化とカーオーディオの音質アップ

スズキジムニーを音を良くしたい。車を静かにしたいと問い合わせがあり2台ほどデッドニングなどの作業を行いましたのでレポーとしてみたいと思います。(写真などは2台の車の混合です)

 

軽自動車の4駆でジムニーの好きな方は以外と多いように感じます。また、ネットでの詳しい情報もあまりない為か、当店へのご相談もお受けする事があります。車的にオーディオにはあまりいい条件でなく純正が取付されている現状ですがこれを、ちょっとびっくりするような音へ変化させる事は可能ですのでジムニーオーナーの方は参考にして頂けると幸いです。

 

ジムニーで良く言われるのが車を静かにしたいという方は多いです。そして以外にも車好きの方が多くマフラーを交換されていたりサスペンションを交換したりしたりしている方も多く、この改造によって更に車の騒音が多くなっている事もあります。

 

そこでいつも当店で行うのが車全体でのデッドニング、フロアー、両ドア、バックサイド、バックパネルまでの静音の加工です。実際の作業をみてみましょう。

まずは車の中のシート、内装など取り外しからです。フロントシート、リアシート、リアサイドパネルを全部取り外しします。

ジムニ内装取り外し

フロアーがむき出しになったところで作業開始です。まずは、防音の為の遮音シートをフロアーの大きさに切り、敷いていきます。更に、吸音材も遮音シートの上に貼り込んでいきます。

ジムニーフロアーデッドニング

これを車ほぼ全体になるように加工しました。リアシート下も同じようになっていいます。

ジムニーフロアデッドニング

リアサイド部分の加工ですが走行時のリアタイヤあたりからの騒音を防ぐ為に施工します。サイドの鉄板側にも防音材を貼り付けしました。

ジムニーリアフェンダーデッドニング

リアサイドカバーの加工です。吸音材を貼り付けしています。後ろ側から入ってくる音が意外にも多いので吸音材にて吸音することにしました。両サイドを加工して元に戻します。

ジムニーリアサイドカバー防音

リアーシートバックを取付した後、リアシート下にも吸音材などのデッドニングの施工します。

ジムニーリアシート下デッドニング

以外にもリアハッチからの騒音があります。特にマフラーなどを変えている方には効果はあります。リアハッチのバックパネルも同様に施工します。

ジムニーリアハッチパネルデッドニング

フロントの両サイドドアも防音加工します。ドアの防湿シートからの水漏れに注意して貼る部分を考慮したりビニール部分にも防水対策は少し必要ですので施工しておきます。ドア鉄板にも制振したりすると更に効果があります。

フロントドアパネルデッドニング

こうして車丸ごと室内を制振と遮音、防音とやることによってかなりの静粛性を出すことができました。

 

ジムニーのカーオーディオ音質のアップ方法について

 

ジムニーのスピーカーは足元のキックパネルサイドについています。そして簡単にプラスチックカバーで覆われています。標準の純正スピーカーは10cmでクオリティの高いものでなく音が出るだけの簡素なものが標準ですからこれを交換したほうが良い事になります。10cmでは低音が出ませんのでチューンアップサブウーハーの追加がベストです。

交換できるスピーカーは10cmですが出来るなら同軸タイプでなく10cm2ウエイのセパレートセットを買ってください。当店でお奨めなのがイートンのPOW-100.2(51,000円)少しお値段は高いですが一般的な国産メーカーのカロッツエリアやアルパインなどよりもバランスが良く音質クオリティが非常に高いです。国産メーカーは安いが、お奨めしない理由は音が良くなるという感じより物が変わっただけにしか感じないほど音が薄く、バランスも悪いことや癖があることが多い。海外メーカーは音質クオリティで勝負しているメーカーが多いので推薦できます。

 

イートンのご紹介ページはエムズラインさんのホームページ見てください。
http://www.ms-line.co.jp/eton_sp.html

 

実際に加工しての取付はイートンのPOW-100.2はマグネットが純正よりも大きくので少し奥行きがありますのでそのまま取付はできません。奥行きで当たってしまいます。そこで音質面でも良くしたいのでバッフルを作る事にしました。まずは型を起こしてバッフルを作っていきます。バッフルはもちろんバーチ材です。6.5mm〜9mmで入ると思います。あまり板厚があるとカバーがつきません。

ジムニーインナーバッフル

丸の穴に切り込みがあるのは純正の配線の逃げ部分です。ドアの配線がここに通りますので逃げが必要です。上下のボルトにてバッフルを固定します。サイドの鉄板側にボルトがつけられるようになっています。

サイドにつけるとこんな感じです。

ジムニーインナーバッフル

スピーカーを取付するとこんな風になります。周りの鉄板などに防音材や制振シートはあまり貼れませんが貼れるならやったほうがいいです。特に鉄板の泣きが取れるほうが音質面では良くなります。

ジムニースピーカー交換

ここの上にかぶるカバーも加工しておいたほうがいいです。音の抜けなどを工夫する必要がありますが条件が悪い位置にありますのでそれなりの工夫が必要となります。カバー元に戻せばここは終了です。
2ウエイセパレートですからツィーターの取付が必要です。ツィーターのマウントが付属であるのですがあまり形的に良くないのでマウントを作ってダッシュボードに取付しました。

イートンPOW-100ツィーター

ウーハー(イートンUSB-8 20cmパワードサブウーファー)は運転席シート下に設置してリモコンにて音量調整できるようにしました。

ヘッドユニット部分は一台のジムニーはナビゲーションで、もう一台は1DINのCDプレーヤーを取付しました。

ジムニーナビ取付

配線が全部終わると調整ですがごく基本的な調整をナビ又はCDプレーヤー側で設定して少し、スピーカーのエージングをかけます。取付したばっかりの音は心地なくなじんでいませんので数時間鳴らしてから本格的に調整を追い込みします。

音を軽く出してみると、何もしなくてもも結構良い音が出てくれました。車に乗り込んでドアを占めてみると高級車のような静粛性も感じられ静かに感じます。これはいい!。というか、お客様からの予算からやり過ぎ(施工金額オーバー)かと思い少し反省してしまいました。でも、このぐらいやらないと効果がないですし効果がなければお金を出してもらう理由も無くなりますし、信用も無くなりますからやっておかないとという気持ちです。小さなクルマでも大きな期待がかかっているのですから責任はあります。

 

さて、2時〜3時間ほど慣らして再調整に入ります。細部にわたってタイムアライメントなどをチェックして位相補正を出来る限りおこないました。少しづつセッティングを煮詰めていくとバランスの取れた音へと変化しました。ジムニーの場合低音の決めてはサブウーハーです。中高域はイートンのPOW-1100.2にまかせて、低音とのつながりをコントロールすると一つの繋がった厚みのあるサウンドへと変化できました。これならいける!。

 

お客様が車を引き取りにきて乗ってもらうと「すごい、全然ちがう」「静か!。」「音もいい。、軽だし、ハンディのある車でもこんな音がでるのか!」とびっくりされていました。「実はジムニーだしそれほど出ないと思っていて純正より少し音が良くなればな

〜と思っていたんです。それを超えるはるかにまともな音以上に音が良くてビックリ。」と感動してもらえました。

普通のカーオーディオ取付作業に見えて実は結構いろんなところで工夫していました。音に関するノウハウなら誰にも負けない。自身過剰かもしれませんが、私は25年以上も研究し続けた実績があるのですから当然な事なのです。

 

このようなジムニーだけでなく、普通の車であっても音の原理を知っていれば何をすれば音が良くできるのかはわかるのです。ただ吸音材や制振材などをペタペタ貼っても何も変わりません。長年のノウハウそのものが音質アップへの変化と繋がっているのです。是非貴方もやってみたらいかがでしょうか。お金をかけるだけの価値は絶対にありますから!。

 

追伸

2018年も明けて先日は大雪となり除雪も大変でした。現在は落ち着いていますが雪のおかげかお店は暇になっています。泣き!。貴方のご依頼お待ちしております。

 

JUGEMテーマ:カーオーディオ

<スポンサードリンク>


morel maximo Ultra(モレルマキシモウルトラ)新アクセラDSP8取付

新アクセラ2017年型にアークオーディオDSP8とmorel maximo Ultra(モレルマキシモウルトラ)を取付しましたのでレポートします。(急ぎの作業だったので十分な写真が撮れずですがご勘弁ください。)

作業内容はデッドニング+スピーカー交換morel maximo Ultra(モレルマキシモウルトラ)+前の車から外したDSP8です。新型ということで、オーディオ取付にどこが変更されているかもしれないと思い少し不安もありましたが経験からして国産車ですから大丈夫だろうということで作業開始です。

 

まずはDSP8を純正のカーオーディオにつなぐ為、配線関係を調べてみることにしました。最近のマツダはマツダコネクションとなっていてナビの交換などはできませんからこのマツダコネクションのどこかの配線に割り込ませなければなりません。

以前からマツダコネクションのオーディオ関連のユニットは運転席足元の右側にあります。ここの何処かの配線コネクターがスピーカーと直結されているコネクターがあります。ユニットは2つあって一つは地デジチューナーでもう一つがオーディオユニットです。地デジチューナーはアンテナ線があるのですぐにわかりますがオーディオユニットの2つのコネクターのどちらかか調べてなくてはなりませんでした。

調べるだけでも数時間かかり結構面倒な作業でしたが一つのコネクターに常時電源のプラスマイナス、スピーカー線はフロントとリアーが固まっていることがわかり意外とここから配線できる事がわかりましたのでコネクターの配線の途中は切断して配線し易いように切断した配線をそれぞれ少し延長、10cm程度延長しました。これは車売る時にDSP8を外した場合、元に戻せるようにしました。DSP8は無事、メインとつなぐ事ができました。

 

スピーカーの作業にかかります。ドアトリムを外しサービスホールのパネルを外します。デッドニングをしっかりと行いました。

サービスホールを塞いているパネルも防振します。制振材の塗料を使いました。

マツダアクセラ制振

乾いたら元に戻します。

新アクセラデッドニング

バッフルを作ります。これが一番面倒かもしれません。マツダの純正は約50mmもの厚さがあるのでそれに合わせてインナーバッフルを作ります。何枚も板をクランプでしっかりと貼り合わせて作っていきます。

マツダインナーバッフル作製

マツダアクセラインナーバッフル

インナーバッフルがアウタートリムと隙間なく付くように工夫しました。ドアにスピーカーを付けてドアトリム戻せば完成です。ツィーターはダッシュボードにスピーカーセット付属のマウント付けました。

アクセラスピーカー取付

これで取付は終わりですがエージング1時間程度してDSP8でタイムアライメント、クロスオーバーなどの設定を行い完成しました。

お客様へすぐに連絡して車引き取りに来て頂き「思ったよりよく鳴るねー」と良いお言葉頂きホットしました。仕事くれた事に感謝申し上げます。

詳しい写真なくて申し訳ありませんでした。なんせ急ぎで取付していたのでDSPも付けて4日ぐらいで普通に仕上げるハードな作業でしたのでゆっくりしている時間はありませんでした。

 

なりより、作業をするたびお客様に喜んでいただけるのが一番ですから!。

また、アップしますね。では。

 

追記

モレルのアンプを前に紹介しましたが価格が大幅に間違っていたようですあ。ご迷惑おかけして申し訳ございませんでした。正式な価格が分かり次第公表いたします。

また、アンプは明宝自動車さんのデモカーに搭載されておりますので試聴できますのでどこかのイベントなどであったら聴いてみてください。アンプのエージング300時ほど済んだあたりから音がびっくりするぐらい良くなったそうです。以前デモボードでの数時間の新品テストとは全く違った音で意外にもパワフルでした。

 

 

JUGEMテーマ:カーオーディオ

<スポンサードリンク>


スバルBZR(86)BLAMスピーカー取り付け

スバルBZRにスピーカー取付のご依頼受けましたのでレポートします。

スバルBZR(86)

お客様は県内の方です。店頭にてデモボードやデモカーを聴いて頂き、その中でBLAMの165.85が気に入り取付することになりました。ブラムのLIVEシリーズ165.85は高域の抜けのよいスピーカーです。安価でありながらコストパフォーマンスが高いのが良いです。

今回はヘッドユニット、カーナビは純正のままでスピーカー交換だけでどこまで音質を良く出来るかが最大のポイントですから、しっかとしたデッドニング、スピーカーの取付方にも少しこだわり作製することにしました。また、配線もナノテック・システムズのスピーカー線を使います。

では早速取付るとしましょうか。

ドアトリムの取り外しからですね。トリム外すと防水用のナイロンを剥がしますがついているブチルがうまく取れずで手が真っ黒になりながらきれいに外しました。

BZRドア

ブチルはシールはがしで拭き取りきれいになりました。

スバルBZR右ドア

インナーバッフルを先に作ることにしました。板をカットしてクランプでしっかりと貼り合わせて作っていきます。形はトヨタの一般的なインナーバッフルと同じ形です。

インナーバッフル貼り合わせ

塗装して防水処理をして仕上げました。

BZRインナーバッフル

インナーバッフル防水処理

ここからがデッドニングです。ドア内部にブチル系の制振材を少し多めに貼っていきます。サービスホールが小さめなので手が入りにくく奥のほうまで貼るのがちょっと厄介でした。また、2ドアなので多く貼りすぎるとドアが重くなりすぎると負担がかかりますのでどのくらい貼るのかを見極めが大事となってきます。

BZRドア制振材貼り付け

中を貼り込んだらサービスホールを制振材で埋めていきます。いつもの材料カスケードです。スピーカーバッフルも付けてます。スピーカー配線もドアに引き込んでおきました。

BZRデッドニング

ドアスピーカー取付です。写真がぶれてしまいました。

BLAM165.85ミッドバス

ドアトリムを元に戻してドアは完成です。ここまでやってもう4日目です。時間経つのが早いです。

ツィーター取付はセットパケージに付属のマウントを使って取付します。が、今回つけようとしたらお客様からもっとシカッリ付けれるように土台を作って欲しいと連絡があり土台を作って取付しました。

BLAM165.85ツィーター BLAM165.85ツィーター

配線を完成させます。ナビを一度外して配線をスピーカーのクロスオーバーネットワークにダイレクト配線できるように加工します。純正スピーカー配線のつながっていつ所を探して配線加工しました。純正ナビは電源落としてしまうとセキュリティが働きパスワード入れないと動きませんから電源落とさず加工しました。余分に接触しようもんなら壊す可能性がありますので慎重に配線加工します。

 ナビ配線加工

パッシブクロスオーバーネットワークはシート下へ取付しました。

配線作業も完了すればすぐに音出しできるようになりました。

調整は少しエージングして調整に入りましたが純正ナビで音を整える機能がイコライザーぐらいしかないので設定されている余分な機能はなくして基本だけにしました。それで特性をチェックしてみるとほぼフラットな特性を得ることができました。また、音場感のフォーカスもほぼ真ん中で定位していて左右バランスを好みによって少し触る程度でイコライザーもわずか2〜3ポイントのみ味付け程度で満足のいく結果となりました。

 

お客様が車取りに来て頂き早速、音のチェックされて降りて来られたときには「思っていたより鳴るもんですね。ディスプレイで鳴っていたより、車だから劣るもんだと思っていました。それよりもしっかりと鳴っていることに驚きました。この店で良かった。」とコメント頂きました。

 

(私)「いや、こちらこそ数ある店の中選んで頂き本当にありがとうございまた。」

最近は純正ナビやあまり凝らないのが増えておりますが、スピーカーだけでもシカッリとつければ満足のいく音が出せるのです。高価な機材に頼らなくても基本を大事にしたいですね。

 

ps

現在、作業ピットのほうは空いておりますのですぐにスピーカー交換などできます。また、ドラレコなどやエンジンスターター取付も受けておりますのでお気軽におご相談ください。

 

JUGEMテーマ:カーオーディオ

<スポンサードリンク>


カローラフィルダーmorel(モレル)maximo ultra602取付レポート

最近、安くて好評なモレルマキシモウルトラ602をカローラーフィルダーハイブリッドに取付しましたのでレポートします。

カローラフィルダーハイブリッド

お客様は富山県からお越しいただき、純正ナビでも低予算でもしっかりとした音を出したいとご相談頂き、初めて本格的にスピーカー取付ということで、何もわからずでしたがどうしたら音が良くできるかの根本的な説明を行い、デッドニングの方法や取付に関して理解して頂き納得したところで、スピーカーの選択を迷われておりましたがモレルマキシモウルトラ602を選択頂きました。

モレルマキシモウルトラ602の特徴はスピーカーの能率がよく、純正カーナビでも非力にならず音楽を非常にジャンル別なくバランス良く鳴らしてくれるところが特徴です。

 

さて、作業風景からです。

スピーカー交換がメインですかドアトリムを外します。サービホールを塞いでいるビニールのブチルゴムが中々きれいに取るのは大変です。手が真っ黒になります。スピーカーはリベット止めされているのでドリルでリベットを壊して取り外して、リベットナットを取付します。

カローラフィルダーハイブリッドドアトリム外し

ビニールを外して制振材を張っていきます。最近ではブチル系の制振材です。予算の関係もあるのでバランス良くドアの強度を確かめながら貼りました。あまり多くなりすぎず最適にします。

スピーカー取付部にリベットナットを付けてボルトでスピーカーバッフルを固定できるようにしてあります。

フィルダードア制振材貼り付け

ドアの中の制振材貼り付けが終わったのでサービスホールを塞ぎます。いつも使っているのはカスケードの材料で塞ぎました。スピーカーの配線は単独で引きましておきました。

カローラフィルダーデッドニング

スピーカー取付のインナーバッフルをバーチ材で作製しました。一段落としてあるのはスピーカーが面が合うようにしてあります。純正のようにドアトリムとの隙間がでないひと工夫と手間が大事なんです。市販の安いインナーバッフルよりはかなり凝っております。

トヨタ用インナーバッフル(バーチ材)

取付するモレルマキシモウルトラ602おウーハーをちょっと見てみましょう。フレームは鉄フレームですがマグネットは結構大きいですね。スピーカーの奥行きは60mm標準的な奥行きは65mmですから少し浅いのは取付の利便性からみれば有利ですね。

モレルマキシモウルトラ602ウーハー

ドアにインナーバッフルとスピーカー取付します。

morel(モレル)maximo ultra602ウーハー

先程書いたようにスピーカー取付すると一体化したようにスピーカーがきれいに収まりました。ドアトリムを戻してドアのウーハー取付は完成です。

カローラフィルダードア

今回は外見を崩さず、車を変える時にでも跡が残さないのでドアも外見は純正のままでツィター取付もスピーカーセット付属のマウントを使って簡単に両面テープで貼り付けするだけの簡単な方法で取付しました。

カローラフィルダーツィターダッシュボード取付

運転中の視界にも邪魔にならないようにピラー根本に貼り付けです。音質面で悪くなるという方も世の中にはいるようですがそんな事は一切ありません。ピラーに穴あけしてして取付すれば少し雰囲気が変わるだけです。車交換の時、スピーカー外してピラーが穴が空いていれば査定は原点ですからこの方が良い事もあります。取付をどちらにするかは自由ですがダメージを与えない取付も有りではないでしょうか。

 

スピーカーセット付属のパッシブクロスオーバーネットワークを左右シート下に潜り込ませました。配線は純正カーナビとダイレクトに結線してあります。少しでも音が良くな〜れ!。おまじないかな。

カローラフィルダーモレルパッシブネットワーク

配線は終われば、音出しして間違いがないかチェックしました。少しエージングをして最終調整です。

カーナビはトヨタ純正なので調整を細かにすることはできないです(タイムアライメントは無い)がイコライザーがありました。あと、操作画面にあるものをうまく使って必要でないものは使わず使えるものだけ調整に使いました。

 

それで出来上がりは?。

意外とまとまり良くタイムアライメントがなくても音場感はダッシュボードに広がる定位も悪くない普通に音場感を得る事ができあました。やってみればできるもんですね。でも、やっぱりスピーカーの取付がしっかりできているからこそナビの調整にあまり頼らなくてもできる事が実感としてよくわかります。

本人が車引き取りに来て、まずは早く聴きたいとのことで聴いてもらうと、想像していた音よりびっくりしたようで、こんな音は初めてだと満足されたようでしした。又、スタディオメッセさんを選んだのは間違いがなかったとお褒めを頂きました。

そのあと、いろいろと人生の話しや美味しいお店など話して話がはずみ、時間が許す限り話してまた。お客様に満足して頂けた事が何より良かったと思う瞬間でした。

 

今日はモレルマキシモウルトラ602の取付を紹介しました。貴方も是非当店でモレルを付けてみませんか。想像以上の音が出ればお金以上の満足度は得られます。

現在ピットの状況

が空いておりますので一台だけ急ぎで取付できます。今週末10月7日に入庫して頂ければ14日には完成できます。ご予約お待ちしております。

 

お知らせ

先日、アルファーオーディオさんが約4億円負債で倒産と聞きました。ネットでも検索すると出てきますが、我々にしてみれば先頭に立ってカーオーディオ業界を引っぱってきた大きな会社の一つが無くなってしまうのは非常に悲しい事です。

最近はカーオーディオに関心持つ人も少なくなって来ている事感じはしています。これから先は車も電気自動車に変わり、カーオーディオの世界もどうなっていくのだろ〜。と不安はよぎります。その中で少しでも音だけはよく出来る我々プロショップはノウハウを活かして対応していかなければなりません。

アルファーオーディオさんがなくなってもその努めていたスタッフが今後、力を入れて頑張るようですので、製品のサポートなども大丈夫なのだと思いますから少し安心している次第です。お客様には少しご迷惑おかけするかもしれませんがお許しください。皆さんも混乱しないように今後を見守ってくださいね。

JUGEMテーマ:カーオーディオ

<スポンサードリンク>



カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

このサイトから記事を探す

最新の記事

カテゴリー

アーカイブ

リンク

投稿者

書いた記事数:453 最後に更新した日:2018/11/28

このページをIEフィードに追加

携帯

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM