カーオーディオで圧縮音源もいい音で聞きたい

最近のカーオーディオではUSB対応やipotの対応が当たり前の時代になりました。カーディオにipotなどで圧縮された音源をたくさん聞いている事と思います。そこで今回の話はこれから先もっとこの圧縮音源を如何に音を良くできるのか可能性を探ってみようと思いました。

CDをリッピングしてパソコンに取り込み編集して、ipot、iphone、USBメモリー、SDカードなどのメモリにコピーして使っていますが圧縮の形式を認識しないで使っている人も多いのではないでしょうか。ここで、音楽再生に主に使われている圧縮方式を整理してみようと思います。

音声に使われているファイルの拡張子はたくさんありますが代表的な物をピックアップしてみました。

wav:CDリッピングで圧縮レスの形式、マイクロソフトとIBMにより開発された音声データ記述のためのフォーマット。音楽音質も一番良いとされるがファイルにした場合、多くの曲を保存するとメモリ容量が大きくなる。ipotなどの容量が制限される物には保存できる曲が少なくなるのが欠点っだがCDコピーであればこの形式が良い。

mp3:圧縮率が高くできるメリットがあるが音質的にはかなり落ちる。mp3は高音がカットされてしまうで高音質再生には向かない。一般的には128kbpsの圧縮が多く使われる事が多く、音質を上げるには320kbpsにすれば音質は高くなるが、むしろ音声会話などの録音には向いていて音楽再生には向かないと個人的に思う。ファイル容量が小さくなるので音楽配信に多く使われている。

wma:ウィンドーズメディアの形式でカーオーディオのナビや1DINオーディオにも標準で対応している形式のひとつで圧縮にはwindows Mediaオーディオ、windows Mediaオーディオプロ、windows Mediaオーディオ可変ピットレート、windows Mediaオーディオロスレスがある。取り込み設定変更はwindows Mediaのツール→オプション、音楽の取り込みから変更できます。

Windows Media設定

AAC:アップルipot、ipad、iphoneなどで使っている形式でiTunesで標準としている。iTunesではCDから取り込み時の圧縮形式を変更できる。iTunesの編集→設定→一般環境設定のCDセットした時の動作、インポート設定にてAACエンコーダ、AIFF、appleロスレス、MP3、WAVなどが選択できAACエンコーダーのカスタム設定にてサンプルレート、ビットレートなど細かく設定できる。ビットレートを高いものに変更すると圧縮率が下がり音質の高いものにできるが再生できるプレーヤーに対応した設定にして取り込みをしないと再生できない事がある。

iTunes設定

wav、AIFFは圧縮しない方式なので非圧縮です。mp3、aacは一番代表的に使われている圧縮フォーマットですが、基の音源から圧縮されてしまうと元にもどせない圧縮方式です。これを非可逆圧縮と言われています。

最近は、非可逆圧縮とは違って可逆圧縮があります。可逆圧縮は一度、圧縮されたデーターをまた元にもどすことができるのが可逆圧縮です。圧縮前のデータと、圧縮・展開の処理を経たデータが完全に等しくなるデータ圧縮方法ですので便利に扱うことができるのがメリットです。アップルロスレスやウィンドーズメディアロスレスがありますが最近注目されているのがFLAC(フラック、フリーロスレスオーディオコーディックの略)です。圧縮ソフトフリーで圧縮が軽く早いのが特徴で、誰でも簡単に圧縮する事ができます。

※FLAC(Free Lossless Audio Codec)http://flac.sourceforge.net/
※FLACについて詳しくはウキペディアをご覧ください。→http://ja.wikipedia.org/wiki/FLAC
ファイル形式拡張子 音質 音楽CD取り込み時の容量 圧縮形式
mp3 MPEG Audio Layer-3 音楽CD以下 1/10程度も可能 非可逆圧縮
AAC Advanced Audio Coding 音楽CD以下 1/10程度も可能 非可逆圧縮
wav RIFF waveform Audio Format 音楽CD以上も可能 音楽CDと同等 非圧縮
AIFF Audio Interchange File Format 音楽CD以上も可能 音楽CDと同等 非圧縮
FLAC Free Lossless Audio Codec 音楽CD以上も可能 1/2〜3/4程度 可逆圧縮
Apple Lossless Apple Lossless Audio Codec 音楽CD以上も可能 1/2〜3/4程度 可逆圧縮
WMA Lossless ウィンドウズ メディア オーディオ ロスレス 音楽CD以上も可能 1/2〜3/4程度 可逆圧縮

FLACはホームオーディオでLINNのネットワークプレーヤーで音質が良いと評価され、一躍有名になったものですが、まだあまり知られていないのが現状です。それにはすべてのFLACを再生するプレヤーが対応していない事が上げられます。カーオーディオではFLACファイルに対応している機種はケンウッドの「彩速ナビ」MDV-Z700、MD-X500、MDV-R700が対応になりました。そのほかのメーカーもそのうち注目されれば対応可能となる日も近いかもしれません。

FALCは98kHz/24bitとか192Hz/24bitなどのハイレゾ(リューション)音源のFLACファイルが扱えるのでCDを超える音源が魅力です。音楽のソースは音楽配信ダウンロードにて高いビットレートの高音質音源が手に入ります。高音質なダウンロードサイトにはクリプトンhttp://www.crypton.co.jp/、LINN RECORDS(http://www.linnrecords.com)自社のレーベル「LINN RECORDS」の高音質音源を発売している。

さて、カーオーディオで高いビットレートのFLACは気軽に再生できないのか?と思う方も多いだろう。CES2012ではオーディソンが「bit Play HD」というのをデモで発表しています。Googleで検索してみるとbit Play HD本体の画像などが出てきます。これが販売されればカーオーディオのヘッドユニットもハイレゾ時代が来るかもしれません。またCDをビットレートの高いFLACファイルに変換してカーオーディオでCD以上の高音質を楽しめるというのもすぐそこに来ているような気がします。


※Audison公式チャンネルhttp://www.youtube.com/user/AudisonChannel

現在の圧縮音源の音楽データーは圧縮が高いと音質を損なうのが現状ですが、可逆圧縮などがこれからの主流になっていくのかもしれません。私は特ににFLACは一番、カーオーディオで高い高音質の可能性があると思います。また、ipotやipad、ipone、アンドロイドでもFALCを再生できるアプリありますので楽しんでみてはいかがでしょうか。

スピーカー交換やサウンドナビに交換などカーオーディオ取り付けのご依頼お待ちしております。
<スポンサードリンク>



カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

このサイトから記事を探す

最新の記事

カテゴリー

アーカイブ

リンク

投稿者

書いた記事数:464 最後に更新した日:2019/08/02

このページをIEフィードに追加

携帯

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM