第2回 ヨーロピアンサウンドカーオーディオコンテスト結果で1位2位3位を独占

2014年6月1日第2回 ヨーロピアンサウンドカーオーディオコンテストが石川県小松市の小松ドームで開催されました。会場はドームなので熱い日差しもなく快適なコンテストでした。広いドームの中に車も両方のドアを開放しても余裕に配置されてサンドコンテストが開催となりました。集まった参加台数は全国各地から100数十台でした。

第2回 ヨーロピアンサウンドカーオーディオコンテスト小松ドーム会場風景
クラスおよびコースは、2クラス10コースでプロフェッショナルクラス(6ブランド混合)と、エキスパートクラス(各ブランド別)のダブルエントリーが可能(ただし、オープンコースは除く)とヨーロピアンブランドのカーオーディオスピーカーが取付られていれば参加可能なサウンドコンテストです。

サウンドの審査はプロフェッショナルクラス(6ブランド混合)で以下の通りです。

ディーラー プロフェショナルコース(ショップデモカーまたはそれに準ずる車両が対象のコース)審査員は和田博巳

ユーザー プロフェショナルコース-Over29-(フロントスピーカーシステムのユニット総額(2wayまたは3wayのユニット総額、サブは含まず)が税別29万円以上のユーザーカーが対象のコース)審査員は和田博巳

ユーザー プロフェショナルコース-Under29-(フロントスピーカーシステムのユニット総額(2wayまたは3wayのユニット総額、サブは含まず)が税別29万円未満のユーザーカーが対象のコース)審査員は 鈴木裕

エキスパートクラス(各ブランド別)ヨーロピアンオープンコースのプロフェッショナルクラスへのダブルエントリーは不可。

Morel の3Wayフロントシステム装着車両が対象のコース、審査員は島津彰夫

Morel・2Way コース(Morel の2Wayフロントシステム装着車両が対象のコース)審査員は炭山アキラ

DLS コース(DLS製品装着車両が対象のコース)審査員は鈴木裕

DYNAUDIO・Esotec コース(DYNAUDIO・Esotec 装着車両が対象のコース)審査員は角田郁雄

DYNAUDIO・Esotar コース(DYNAUDIO・Esotar 装着車両が対象のコース)審査員は角田郁雄

PHD・Vifa・Sinfoni コース(3ブランド混合PHD・Vifa・Sinfoni 製品装着車両が対象のコース]審査員は石田功

ヨーロピアン オープンコース(上記6ブランド以外のヨーロピアンブランド装着車両で、ユーザーカーが対象のコース)審査員は石田功

当店の参加台数は10台と最もショップとしては多い台数でした。理想は参加した全部の人に表彰されるようにしたかったのですが無理ですから参加するお客様にはコンテストを楽しもうと声をかけて参加しました。

サウンドコンテストの結果はトロフィは8本と今まで参加したコンテストでの中では最多の結果となりました。写真で1本足りないのはトロフィの刻印が間違っていたので一度返却しました。

第2回ヨーロピアンサウンドコンテスト結果トロフィ

表彰されたメンバー、チームスタディオメッセで写真を撮りました。

サウンドコンテスト表彰結果

ユーザー プロフェショナルコース-Over29-では1位、2位、3位と独占で表彰されました。

私が中心で左からDYNAUDIO・Esotec コースでAさん(スイフト)2位、ユーザー プロフェショナルコース-Under29、29万円以下のコースでMさん(シトロエンDS)がスピーカーDYNAUDIOを使って堂々1位、Iさん(トッポ)が2位とモレル2ウエイコースで3位、Kさん(アコードセダン)が3位とDLSコースでは1位と堂々優勝されました。 オープンクラスではMさん(シロッコ)が3位、N(レガシーセダン)さんが審査員特別賞を頂きました。

今回、実は非常に私としては苦しい大会でした。参加台数も10台みなくてはならないし一台、一台の車には皆真剣で取付から指導や調整まで本当に時間もかかり大変でした。途中、息子の全ブログ記事のような事もあったりして一度はパニックになり、心もズタズタだったとこからのチャレンジでしたのでとても辛かったです。夜12時過ぎ夜遅くまで作業することも多々ありました。一位と二位の車は土壇場まで手こずったのは言うまでもありませんでした。現地へ入ると音が変化していてその場でセッティングを変更を迫られましたがその結果が良かったのか一位と二位を取ることができました。

他に参加されたお客様も有意義な1日だったと思います。コンテストは勝てばいいとは思っていません。自分の表現したい音にこだわりを持ち、他人に聴いてもらっても楽しい音でなければなりません。コンテストには勝敗はつきものですが勝てなくても自分の音を聴いてもらって第三者に抽象的な意見を貰えることで良い音への参考になりますから又コンテストがあったら参加してみては如何でしょうか。

コンテストが終わってほっとして車で家に帰る途中ちょっと涙を流してしまいました。嬉しさと、もしかしたら亡くなった息子が協力してくれただろうと思うと本当に今回のコンテストに参加できて良かったと思いました。このコンテストが良い結果だったのは一緒になってMさんがお客様の車の配線の手直ししてくれたり、取付を手伝てくれた事に感謝致します。

久々に楽しい1日でしたが、後で夜、居酒屋で祝勝会を開き騒ぎましたが俺の財布は空っぽで痛かった。又、頑張しかない。では又。
JUGEMテーマ:カーオーディオ

<スポンサードリンク>



カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

このサイトから記事を探す

最新の記事

カテゴリー

アーカイブ

リンク

投稿者

書いた記事数:446 最後に更新した日:2018/04/05

このページをIEフィードに追加

携帯

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM