ホンダストリームDYNAUDIO Esoter2 110ツィーター取り付け

ホンダのストリームにDYNAUDIO Esoter2 110ツィーターを取り付けましたのでレポートいたします。

ホンダストリーム
 

お客様は石川県内の方です。この車のカーオーディオ取り付けはご自分で取り付けされていたようでなぜ自分で取り付けしていたのか聞くと信頼できるショップないと思われていたようです。ショップとしてはこのように思われるのは悲しい現状ですね。しかし、以前に当店で取り付けしたお客様の車の音を聴いて物凄い感動を味わったとの事で、CDで聴いたオスカーピータソンが目の前でピアノを演奏している姿が見えたとの事です。それを聴いて是非、取り付けと調整作業お願いしたいとご来店されまました。(嬉しいお言葉でした。)

さてツィーターの取り付け作業なんですが写真を一部撮り忘れまして申し訳ございません。いきなり途中からの写真をご覧ください。

DYNAUDIO 330D

これはツィーターマウントのカップをつくりピラーへの足付けを行っているところです。別に何も仕掛けもありませんが当店ではツィーターをピラーへの埋め込みは行っておりません。これには理由があるのでこういう取り付けをしています。これを左右同じようになるようにレーザー光線を使ってできるだけ正確になるように取り付けを工夫しております。

ツィーター取り付けレーザー光線で
これが終わると一度取り外してパテなどで整形して取り付けして完成します。
ストリームDNAUDIO 330D
何気ない作業ですがこれで3日ほどかかるのです。なぜそんなに時間がかかるのですか?と言われると手間がこんでますとしか言いようがありません。コツコツとやっても時間だけが過ぎていきます。それだけ気を使っているのです。

あなたに質問ですが、ツィーター取り付けをおろそかに取り付けするとどうなるか分かりますか?

答えは調整しにくくなるのです。考え方はシンプル。デジタルの調整で音をねじ伏せる事は簡単ですがスピーカー自体は、そんなデジタルは必要としていません。むしろない方がいいのです。しかし、車というと特殊な環境では中々うまく鳴ってくれないのが現状ですが、少なくともアナログ的にスピーカーが理想に鳴ってくれる条件を少しでも解消できるとしたらやらないほうがおかしいと思いませんか?。

それが取り付けというものです。カーオーディオというのは未完成品。部品、パーツだけ販売している未完成品なのです。これを組み立てるのが私達なのです。

プラモデルを買うとパーツばかりですよね。それをもし、自分が組み立てがうまくできなかったら人に頼むしかありませんよね。それが私達ショップでもあるのです。でも、ショップが下手くそだったり、知識不足だったらどうなるでしょうか?。自作している人たちとそれほど変わらないのです。

音にはメカニズムが存在し、目で立証できる事もたくさんありますが感覚的にたよる部分も多いと思っております。これは料理人と同じだと思います。有名シェフは同じ素材を使っても見極めができ、それをどのようにしたら美味しくなるかを経験や感覚でドンピシャの味に作る事ができます。

私のカーオーディオの感覚も全く同じなのです。音のメカニズム、スピーカーの癖など何もかも見抜いた上で一番よい音を引き出す。そんな芸当を行う事、それがお金をもらって作業するのがプロショップです。

もしかしたら、貴方の車は自作ですか?。なぜ自作なんですか?。「ショップが信頼できないから」というなら貴方は信頼できるショップを探してみてください。口先ばかりのショップはダメですよ。

話しが長くなってしまいましたが、少しでも音をまともにしたいと思うならご相談ください。予算などにあった最善の方法を提案させて頂きます。貴方からのメールお待ちしております。

お知らせ、調整に関するお知らせです。ヨーロピアンサウンドコンテストも間近になりました。当店からの出場の方は再調整をいたいしますので、お早めにご連絡の上ご来店ください。都合により金曜日は閉店6時までです。又、土曜日は4時半までで閉店致します。朝は11時より開店しております。

調整料金について
今まで商品を購入された場合、調整を何度となく無料で行ってきました。しかし、私自身が時間などに限界を感じる事が多くあり、今後は料金について見直しすることにしました。何故なぜらば、調整してもそのあとで自分でシステムの変更や配線を替えたり、調整を独自で変更したり、オーディオアクセサリー商品を取り付けしたりして元の音を勝手に変えてしまった時に再調整をしてくれというわがままに対応できかねないからです。

音を変えてしまったのは、エージングやわたしの調整でなくお客様のわがままな変更によるものですから、これは再調整する場合は正規の料金をもらってもバチがあたないと思います。今後は正当に料金を請求いたします。何のために私が時間をかけて調整したのか意味がありませんしそれで音が良くなるなら調整はいらない事になります。

料金ですが調整時間にもよりますが、2ウエイ以上の場合、基本時間あたり、5,000円とし調整時間を加算して計算し請求いたします。もし6時間かかれば5000円×6=30000円請求となります。

自作で配線1本でも何かを一つでも変更したらいかなる場合でも上記の金額を請求致します。今後はこのような場合、無料にはできませんのでご理解ください。

では、ヨーロピアンサンドコンテストでお会いしましょう。
JUGEMテーマ:カーオーディオ

<スポンサードリンク>



カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

このサイトから記事を探す

最新の記事

カテゴリー

アーカイブ

リンク

投稿者

書いた記事数:462 最後に更新した日:2019/05/21

このページをIEフィードに追加

携帯

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM