トヨタハリアーmorel Tempo Ultraスピーカー交換

トヨターのハリアーにmorel Tempo Ultra(モレル テンポウルトラ)を取付したレポートです。

20160427002
お客様は福井県からです。メールにて相談があり、いろいろと触ってみたもののどうしてよいのかわからず非常に音が聞きにくくて困っていたそうです。音が悪いので良くしたいと思いサウンドシャキットという商品を取付したそうですが過激な疲れる音だったようです。店頭にて診断してみると、このハリアーの場合、サウンドシャキットなる商品が音の変なブーストが掛かっていて高域はうるさく、低音はドンドンうるさく鳴っており、とてもバランスの悪い音になっておりました。それで調整できる部分はあまりなく、音を調整できるボリューム1個で可変だけです。加速しない車にムチを入れる騎手みたいなもんです。悲鳴しか私には聴こえませんでした。

「これ、外したほうがいいよ」と私が言うと「これ外すともっと音が悪くなる。」「外しても音はよくできる。スピーカーが正しく鳴る環境ができていないんだよ。」などと言う会話で音のメカニズムや音の調整方法を説明し、デッドニングとスピーカー交換をおすすめして、注文を頂きました。お客様はスピーカー交換してもサウンドシャキットを外して音が悪くなったらどうしようと不安を抱えていたようです。結果は後ほどに〜。

さて、いつものように作業の開始です。ドアのトリム外してデッドニングできるようにします。ビニールが付いているブチルゴムが簡単に剥がせませんでした。かなり粘っこいです。

ハリアー左ドア ハリアー右ドア

今回はスピーカー交換込での予算が厳しかったので施工を工夫してデッドニング材料のコストダウンで施工となります。かなめを抑えて効果的なデッドニングを施工しました。スピーカーバックにはアコポリにて背面処理加工しました。右写真(写真が暗くなってしまいました。)

ハリアーインナーデッドニング スピーカーバックの背面処理

サービスホールの穴埋めはいつものようにカスケードにてサービスホールのみの穴埋めでコストダウンです。

ハリアーデッドニング

ウーハーのインナーバッフル作製です。スピーカーのエッジが動いた時の事を考えて今回は落とし込みのインナーバッフル作製です。材料はもちろんバーチ材。板はしっかり貼り合わします。

板の貼りあわせ ハリアーインナーバッフル作製

色を塗って防水性を高めてスピーカー取付です。 ツィーターは標準付属マウントにてダッシュボードに取付しました。

ハリアーモレルスピーカー交換 ハリアーツィーター取付

スピーカー交換が終わったのでサウンドシャキットを取り外ししました。ヘッドは最近トヨタ純正オプションのアルパインビッグXです。(このナビは画面が大きいが画質は悪く音も良くない。オプションで購入するなら買わないほうがよいと私個人的には思っている。「サウンドナビが音がいいな。これ買ってよ〜。と言いたい。」あくまでもひとりごとです。)

ハリアーナビ外し サウンドシャキット取り外し

ナビを外してパッシブクロスオーバーネットワークとスピーカーにつなぐ為に純正配線加工しました。切断してギボシ端子を付けます。もちろん元に戻せるように端子を付けて加工しておきました。

ハリアー純正ナビ配線加工

morel Tempo Ultraのパッシブクロスオーバーネットワークがわりと大きく電動シート下はスペースが無かったのでセンターの足元付近のカバーを外してなんとか収めました。ここしか場所がなかった。

パッシブクロスオーバーネットワーク収納場所左 ハリアーパッシブクロスオーバーネットワーク収納場所右

一通り出来上がったところで配線チェックして間違いがないことを確認。「鳴らしてみますか?。」とひとりごと。年をとるとどうも一人でブツブツ言っていることが多くなったような。初期エージングします。エンジンかけて1時間ほどかな〜。音楽をならし続けました。その後聞いてみると何もしなくてもそれなりの音に変化していました。

本腰入れて調整に入ります。アルパインは調整が変。荒っぽい。触れる部分はタイムアライメント、各スピーカーレベルの設定、5バンドぐらいの素人には触り方がわからないパラメトリックイコライザーなどが主な項目。入らないメディアエキスパンダーみたいな物はすべて無しの設定にして一旦、デフォルトの状態から必要な項目だけを調整しました。

なんとか自分で納得できるサウンドに仕上がりお客様へ連絡して車の引取をお願いしました。

車を引取に来られて「マズ、聞いてみてください。」お客様が使っておられるSDカードのメモリやiphoneの音源で聞いてみるとそれほど音がいいわけじゃない。なぜ?、音源が圧縮ばかりであった事や聞いておられる音楽そのものの録音が悪かったりしていました。それで音質を高める録音方法を教え、普通に私が持ている録音のCDを何枚か貸して聞いてもらう事にしました。車から2時間ほど降りてきませんでした。

なぜって?。音が良いから。感動しまくっていたのです。サウンドなんとかを外してもそれ以上どころか今まで体験したことのない音が出ていたからでした。メッセで取付してよかったと言ってくれました。これからは音楽のジャンルを広げて様々な音楽を聞いてみることをおすすめしておきました。音楽の幅は広いほうがいいのです。ですから私は、邦楽から洋楽、ジャズやクラシックまで普段はあるゆるジャンルの聴いていています。

貴方も体験できるスーパーサウンドに変化させてみませんか。
ご注文の依頼お待ちしております。

追伸

最近は忙しくてブログ書く気になりませんでした。ネタはいろいろあるのだけれど、町内の仕事や田植え準備、ゴールデンウイークには田植え、そして注文を聞いているお客様の作業、又は調整やご相談などいくら時間があっても足りない状態。しかし仕事は遅れながらもしっかりこなします。

取付け作業は5月は一杯ですが6月にも前半は埋まっている状態です。6月12日には第四回のヨーロピアンサウンドコンテストで参加者から調整のご依頼が殺到して、課題CDの攻略を勉強するなど対応に追われていますが、参加のメンバーには表彰台を目指してもらわなきゃ。結果がどうなるかお楽しみ!。

JUGEMテーマ:カーオーディオ

<スポンサードリンク>



カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

このサイトから記事を探す

最新の記事

カテゴリー

アーカイブ

リンク

投稿者

書いた記事数:462 最後に更新した日:2017/04/18

このページをIEフィードに追加

携帯

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM