ARC(アークオーディオ)KS125.2 BXJ試聴レポート

ARC AUDIO(アークオーディオ)のコンパクトMINIアンプKS125.2BXJを借りることができましたので試聴レポートしたいと思います。
ARC AUDIO KS125.2は以前からラインアップがありましたが今回発売するJE(日本仕様バーション)はKS125.4JEのようにカーオーディオ界の巨匠ロバート・ゼフが特別に日本用に専売品として開発のカーオーディオアンプです。価格は69,300円

このアンプの大きさにまずびっくりします。かなりコンパクトなので見た目からはこんな小さいサイズのアンプでまともが音が出るのか?と思ってしまいます。写真で大きさを比較してみますとHELIXのP400とドライバーを置いてみました。サイズは122mm×188mm×43mmというサイズかなりの小型。
ARC AUDIO KS125.2JE

入力端子にはスピーカーインプットのハイゲイン入力とRCAプラグによる入力端子があり、プッシュするスイッチにて切り替えします。アウトプットのスピー カー端子は10ゲージぐらいの太さのケーブルが接続できるようになっており、ステレオドライブの時、低格出力70W×2ch(4オーム)、2オームドライブのとき125W×2(2オーム)、ブリッジ接続(BTL)の場合は4オー ムのみで125Wというビックパワーな出力をこのサイズから出す事ができます。

ARC AUDIO KS12.5JE入力端子

電源端子は8ゲージの線が接続可能ARC AUDIO 125.2JE POWERターミナル

トップパネルには小型冷却FAN、各設定スイッチ類があり、サブウーハー出力のクロスオーバーやバスブーストのスイッチがあります。この中でも注目したいのがバスブーストでこれをうまく使うと音の乗りそのものが化ける可能性を持っています。厚い音作りを出してくれるには低音が肝心ですのでこのバスブーストをうまく使用すれば、フロントだけの2ウエイでもかなりの低音を出してくれます。FANの騒音については、ディスプレーでは少し、音が途切れたときに気になることもありましたがメーカーさんのほうではシート下にいれたり、アンプケースに入れば音は気にならないとの事でした。アンプケ−スの温度もほとんど熱く感じません。

ARC AUDIO 125.2パネル

さて、肝心の音質の試聴なんですが、まず最初にバスブーストが最大に入っていたのでそれをパネルをまくって切りました。一音のインプレッションは思っていたより十分にパワーがある感じですが高域の透明感などはハイエンドアンプには勝てません。しかし、良く聴くと音の乗りや楽しさが聞こえてきます。バスブーストを切った上体では少し、ディスプレーのVifaでは低音が軽く聞こえたこともあってバスブーストを入れて少なめにセットしてみたら、音を厚く語り始める音が出てきて、音楽の乗りや楽しさが倍増した感じになりました。バスブーストは盛り上げたい周波数もアップダウンできるので自分のシステムに合わせて、ここが一番、音が良いというポイントに合わせることができます。

アメリカ人が良く低音にこだわるのはこういう事なんだと改めて思い知らされた感じのサウンドです。決して価格が安いから音は大したことはないと思うのは間違いで、国産アンプのこの価格帯よりもかなり良い出来です。薄い音の量販メーカーの国産アンプより、こちらのほうが音楽を知り尽くしている。そんな風に感じるアンプといえます。全体的にはハイエンドアンプのように繊細ではないのですが、アメリカンサウンドでもきっちり再生する高音質アンプなのです。

貴方なら、どんな音で音楽を再生したいのか今、一度考えてみてはいかがでしょうか。アンプ交換だけでも楽しいですよ。

追伸
本日より、プリウスの作業を始めています。
VifaのVM-265シリーズの2ウエイスピーカー取り付けです。又、レポートしますのでみてくださいね。
JUGEMテーマ:車/バイク


<スポンサードリンク>


HELIX(ヘリックス)E400 esprit対P400 precision音質比較視聴

カーオーディオアンプのヘリックスE400 espritとP400 precisionを取り寄せて、音質比較テストしてみました。E400 espritの特徴は真空管とMOSFETを利用したハイブリッドアンプでパワーアンプの初段に真空管バッファを採用することで発熱を抑えると共に超寿命化を実現したアンプです。又、P400 precisionはTO3バイポーラートランジスターを使用したアンプ。もちろん両アンプ共内蔵クロスオーバーやオーバーロード、ショートなどの異常時のプロテクション機能なども搭載しています。入力ゲインの調整もおこなえるので細かなセッティングも可能となっています。

helix_e400_p400

HELIX E400 esprit外見の写真をアップしました。真ん中に見えるのが真空管です。オーディオとしては有名なMT管9ピン双発管12AX7を採用し、電源部には高速スイッチングのMOSFET
2パラレル駆動で強力な電源部を構成しています。

e400esprit001

端子類の写真です。電源に4ゲージがダイレクトで入る大型端子、スピーカーケーブルも太いケーブルにも対応している端子にブリッジ接続の表示があります。入力ゲインの調整は1,2ch、3,4chと分かれてていて各、チャンネルごとの調整はできません。この入力ボリュームの隣に、ウーハー接続のクロスオーバー、ハイパス、ローパスの切り替えスイッチがあります。入力端子も金メッキではないがぐらつきのないしっかりした物が付いています。

e400esprit000

P400 precisionを見てみましょう。ずらりと並んだTO-3トランジスター、写真の左のほうに小さなコンデンサーが並んでいるところに入力ゲインのボリュームがあります。右側スピーカー出力固定ネジがあってブリッジ接続の表示があります。

P400precision0

端子類です。
e400esprit001

入力端子RCA、電源端子は金メッキされていて電源端子には4ゲージダイレクトに接続できるようになっています。下の写真はスピーカー接続端子が左右に分かれていてその真ん中にはわかりにくいですがクロスオーバーの調整ようのつまみがあります。アンプの厚さは35mmと取り付けがしやすい厚さです。2枚重ねてつけたとしても70mmですからスペース効率を上げることができます。

P400 precision2

大体の形と特徴はわかって頂けたかと思います。さて音質はどんな感じだったかというと私なりの感想ですが大まかにいうとE400は低音に力があって少し盛り上がった感じで力がある感じですが繊細というよりも音楽を楽しく聞かせてくれるそんな感じです。神経質になりすぎず音の余韻にふわっとした音を引く感じに聞こえました。カロッェリアXみたいにすべてにわたって繊細すぎると音に薄く感じたりしますのでヘッドだけカロッェリアXを使ってE400の組み合わせのほうが調和されていいのかもしれません。クラッシク向けよりもボーカルやポップス、ジャズなどは向いている感じがします。

P400はTO-3バイポーラトランジスターで繊細でスピード感と豊かな音質が特徴とメーカーが言っているようにE400のように低音が膨らんでいることはありません。フラットな特性を出している感じに聞こえ、音の正確差が感じられるほど繊細です。一つ一つの音の芯が見えてその周りに付帯した音が付いて見えるようです。モニター的な音ではなく全体的には神経質になりすぎず音をきれいに描くようです。

繊細な音を狙うならP400、音楽を楽しく聴くならE400、好みに分かれると思いますが貴方ならどちらを選びますか?。店頭にて今、聞くことができます。P400のみ返却予定があるので土曜日までですが視聴してみませんか。お好きなCD持ってご来店ください。お待ちしています。

追伸、お知らせ。
大変申し訳ありませんが6月5日〜7日まで臨時休業させて頂きます。

リキモリオイル添加剤MOS2テスト中です。燃費がすばらしくアップ!。トルク感が少しアップして粘りが出る感じです。ガソリンもリッターあたり1から2Kは確実に上がる。ゴルフでも瞬間燃費計でアップしてる事を実証しました。又、私の車でもテストドライブ中ですが燃費がいいのがうれしい。
前にも紹介したセラテックもすばらしいがこれはオイル交換ごとに入れたいと思わせるほど。
価格は¥1,700とリーズナブルオイル交換ごとに入れても負担になりにくい。
貴方も入れてみませんか。
mos2
JUGEMテーマ:車/バイク


<スポンサードリンク>



カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

このサイトから記事を探す

最新の記事

カテゴリー

アーカイブ

リンク

投稿者

書いた記事数:463 最後に更新した日:2019/05/28

このページをIEフィードに追加

携帯

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM