ダイハツタントにカロッツエリアTS-Z131PRS取付

最近、稲刈りやパソコンサポートなどで忙しくまともに仕事になりませんでした。やっと落ち着いてきたので久しぶりにたまったブログ書きました。

忙しい中、先日にダイハツタントにカロッツエリアTS-Z131PRS取付していましたので取付の報告でもします。

お客様の要望は「良い音を出したい。」でした。

え?、どうすればいいの?と聞くと
お任せだそうです。

ヘッドユニットは?と聞くと楽ナビです。

予算は20万ぐらいとのこと。

じゃ、どうすればよいのかを説明し、要望を聞いてスピーカーを選択、デッドニングの作業の必要と取付の加工についても話した上で

カロッツエリアTS-Z131PRS、ウーハーはスペース上の関係でTS-WX11Aを取付することにしまた。

使用したケーブルはモンスターの300シリーズをチョイス。
ウーハー用のRCAケーブルはちょっとこだわってPCOCCのケーブル
を選択しました。


スピーカー取付で必要な事でスペーサーマウント(バッフル)を作製が必要です。デッドニングもしっかりとする必要があるのですがデッドニング材料とスピーカーの重量で重くなるためドアの負担が心配です。
タントドア

まず、ドアをばらしてみるとなんと右のドアと左のドアの形状が同じでなく微妙に違っているためスピーカーのスペーサーは別々に作る必要がありました。厚さを変えなければいけないようですので左右別のスペーサーを作り取付しました。

デッドニングは全面の処理は重量加算のため無理ですので部分的に押さえサービスホールをふさぐ程度で必要最小限で押さえましたが
相しても不要な振動で音が少しにごる為、ドアトリムとの間に吸音材でをかましました。これで結構改善できます。

タントへ取付TS-Z131PRS

ツイターのマウントは純正ツイーターがある三角の部分を加工して
取付しました。ポイントはリスナーへ少し向いていること。仕上げはスエードのエクセーヌ仕上げできれいに仕上げました。
ツイーター取付画像1

タントツイーター取付画像2

ドアはアウター加工ができるかと思っていたのですが左グローブボックスが開いたときアウターにするとあかなくなるので断念しましたができるだけドアトリムに接近させてうまく収まりました。
インナー取付では16cmのTSC06Aなどは簡単に入るが鉄板の穴がちょっと小さめですので17cmになると入るかわかりません。

ひととうり出来上がったところで少し慣らしをして調整をしました。

楽ナビの問題はタイムアライメントがついてない。ポジションセレクトはできるが運転性にするとまったく馬鹿で左のスピーカーは鳴っているが右のスピーカーしか聞こえない状態で使えない状態なのでフロント左右を選択し位相をチェックします。このときリアスピーカーもあるのでフェーダーで前後の干渉具合をチェックしてリアーが消えそうになる部分を探しフロントよりにセットしました。

フロントだけで右、左ともリスニングポジション位置で正相と確認できたので左右レベルをそれぞれパッシブネットワークで微妙に調整。

そのあと、RTAアナライザーで周波数特性チェックをしてイコライザーで補正しました。

お客様の持っているCDを聞いてみると音が悪くJポップの中抜けが目立ちまのでメモリー2にて聴覚で補正したメモリーを作っておきました。

お客様が車を取りに来られて音質チェックされかなり満足されたようです。今後もグレードアップしたいとも言っていました。
<スポンサードリンク>


ワーゲンゴルフ?を4万円でサウンドチューニング調整編

ワーゲンゴルフ?を4万円でサウンドチューニングの

前回加工編としてとても長いレポート書きました。



読んでくださった方は本当にお疲れさまでした。



さて、今回は約束したワーゲンゴルフ?のサウンドチューニング

を書きます。



擬似的に加工でわずかな時間差を作る作業でした。

これをもっと定位と音質のバランスを追い込んで

下手な高級カーオーディオをぶっち抜くサウンドにしたいと思います。



このゴルフ?の場合はカーナビを使用してます。

音質が最もまともな音のするカロッツエリアのサイバーを使っています。



まず、調整で使う機能を選択します。



1.2chだけに特化して調整します。

2.マルチチャンネルは今回は使いません。



3.リアースピーカーは使いませんのでフェーダーで前方へ振って

しまいます。

まともに調整すればDVDもリアーは必要ありません。

車でごまかしのサラウンドは屁みたいなものですので必要ないと思います。



4.デジタルコンプレションを使います。今回は音を聞いて判断してHiを選択。



5.イコライザーはまずは一度フラットに戻して詳細モードにします。



6.タイムアライメントを0に戻します。

一様、実測でリスニングポジションの距離、左右を図っておきます。

左右の差を把握して入力の際に利用するためです。

あまり差が出過ぎてしまった時は入力値が外れていると判断するため

とします。



スピーカー設定はフロントはラージになっているか確認し、

クロスオーバーの機能は使わない設定にし、スピーカーの音を

すべて出るようにしておきます。



7.サラウンドのごまかし機能は切っておきます。



調整はセンター定位とし、ダッシュボード真ん中とします。



一番最初にタイムアライメントを調整します。

音を聞きながら右チャンネルを0の状態にして左チャンネルの数値を

入れていきます。



一度センターへともっていきますがタイムアライメントだけだと音の

平行感を気にしてレベルとタイムアライメントを調整します。



レベルは左右の詳細モードで設定します。



マイナスレベルで振らずプラスレベルで調整します。

この理由はあとで説明します。



さてここでどこに定位しているか感じ取ってください。

左右がセンターで、奥行きがツイーターの平衡線上に位置していれば

いいのですが好みによっては奥行きを調整します。



数値を多く入れれば手前に動き、0に近づけば奥行は奥へと動きますが

動かすたびにスピーカーレベルとタイムアライメントを微調整して

いきます。



タイムアライメントをいじりすぎて音質がフラットな音から

外れていくようなら間違っていますので一番良い数値を探ります。



うまく調整できればこの時点でイコライザーをいじくりまわさなくても

そこそこのサウンドが聞けているはずです。

もし、まともな音でなければどこかで間違っていますので調整を

やり直します。



さて、定位はできたらイコライザーで微調整していきます。



イコライザーの基本的な考え方と調整方法の基本はメルマガを読んで

ください。低音から高音まで延びていてフラットな音を目指します。



調整はうるさいと思う音からカットします。

下げ過ぎてしまわないこととどうしても問い場合以外に極度に下げたり

上げたりしないようにします。



音の持っている本質的なサウンドを損なわないことがよい音にする

コツですので何度も探ってみましょう。

人に聞いてもらって素直に意見を求めることもいいです。



バランス感覚は磨かないとなかなかわかりません。

いろんな音楽を聞いていないとできないと思ってください。

嫌いなジャンルもいろいろ聞いてみることです。



クラシックは難しいかもしれませんがこれがまともに再生できたら

合格です。

邦楽のポップスばかり聞いていたりR&Bみたいな打ち込み音楽

を聞いていたのではまともに調整は難しいでしょう。



自分のリファレンスを持つことも大切ですのでまともなステレオの音を

知っておきましょう。



基本的な作業は以上ですがレベルのプラス方向についてちょっとだけ書いておきます。



最近のCDデッキなどはデジタルで内部は処理されています。

特にカロッツエリアは内部でのダイナミックレンジを拡大しておくほうが

音質がよくなるようです。実験してみるとわかります。



しかし、上げ過ぎてしまうと反対に歪となり音がわれてしまいますので

適度を見つけないといけないわけです。

純正スピーカーの場合は能率が比較的高いうえにパワーの入らない

スピーカーが多くなっていますので歪まない適度調整が必要です。

この範囲を超えると外部アンプをつけるとともにスピーカーを購入して

徹底的にチューニングしないといけません。



ここまでやってしまうと手軽にやれる範囲を超えてしまい

4万円チューンニングの範囲を越えてしまいますのでご自身で

手軽にチューニングするのか、それとも金を掛け徹底的にやるのか

判断が必要です。



今回の4万円チューニングというのはお金かけず手軽にそこそこ

ハイエンドのサウンドを手に入れるがテーマです。

ワーゲンゴルフ?ユーザーは一度お試しあれ。



但し、自己責任で行ってください。

私にクレーム来ても困りますのでよろしくお願いします。



では、また。
<スポンサードリンク>


ワーゲンゴルフ垢4万円でサウンドチューニング調整編

ワーゲンゴルフ垢4万円でサウンドチューニングの
前回加工編としてとても長いレポート書きました。

読んでくださった方は本当にお疲れさまでした。

さて、今回は約束したワーゲンゴルフ垢離汽Ε鵐疋船紂璽縫鵐
を書きます。

擬似的に加工でわずかな時間差を作る作業でした。
これをもっと定位と音質のバランスを追い込んで
下手な高級カーオーディオをぶっち抜くサウンドにしたいと思います。

このゴルフ垢両豺腓魯ーナビを使用してます。
音質が最もまともな音のするカロッツエリアのサイバーを使っています。

まず、調整で使う機能を選択します。

1.2chだけに特化して調整します。
2.マルチチャンネルは今回は使いません。

3.リアースピーカーは使いませんのでフェーダーで前方へ振って
しまいます。
まともに調整すればDVDもリアーは必要ありません。
車でごまかしのサラウンドは屁みたいなものですので必要ないと思います。

4.デジタルコンプレションを使います。今回は音を聞いて判断してHiを選択。

5.イコライザーはまずは一度フラットに戻して詳細モードにします。

6.タイムアライメントを0に戻します。
一様、実測でリスニングポジションの距離、左右を図っておきます。
左右の差を把握して入力の際に利用するためです。
あまり差が出過ぎてしまった時は入力値が外れていると判断するため
とします。

スピーカー設定はフロントはラージになっているか確認し、
クロスオーバーの機能は使わない設定にし、スピーカーの音を
すべて出るようにしておきます。

7.サラウンドのごまかし機能は切っておきます。

調整はセンター定位とし、ダッシュボード真ん中とします。

一番最初にタイムアライメントを調整します。
音を聞きながら右チャンネルを0の状態にして左チャンネルの数値を
入れていきます。

一度センターへともっていきますがタイムアライメントだけだと音の
平行感を気にしてレベルとタイムアライメントを調整します。

レベルは左右の詳細モードで設定します。

マイナスレベルで振らずプラスレベルで調整します。
この理由はあとで説明します。

さてここでどこに定位しているか感じ取ってください。
左右がセンターで、奥行きがツイーターの平衡線上に位置していれば
いいのですが好みによっては奥行きを調整します。

数値を多く入れれば手前に動き、0に近づけば奥行は奥へと動きますが
動かすたびにスピーカーレベルとタイムアライメントを微調整して
いきます。

タイムアライメントをいじりすぎて音質がフラットな音から
外れていくようなら間違っていますので一番良い数値を探ります。

うまく調整できればこの時点でイコライザーをいじくりまわさなくても
そこそこのサウンドが聞けているはずです。
もし、まともな音でなければどこかで間違っていますので調整を
やり直します。

さて、定位はできたらイコライザーで微調整していきます。

イコライザーの基本的な考え方と調整方法の基本はメルマガを読んで
ください。低音から高音まで延びていてフラットな音を目指します。

調整はうるさいと思う音からカットします。
下げ過ぎてしまわないこととどうしても問い場合以外に極度に下げたり
上げたりしないようにします。

音の持っている本質的なサウンドを損なわないことがよい音にする
コツですので何度も探ってみましょう。
人に聞いてもらって素直に意見を求めることもいいです。

バランス感覚は磨かないとなかなかわかりません。
いろんな音楽を聞いていないとできないと思ってください。
嫌いなジャンルもいろいろ聞いてみることです。

クラシックは難しいかもしれませんがこれがまともに再生できたら
合格です。
邦楽のポップスばかり聞いていたりR&Bみたいな打ち込み音楽
を聞いていたのではまともに調整は難しいでしょう。

自分のリファレンスを持つことも大切ですのでまともなステレオの音を
知っておきましょう。

基本的な作業は以上ですがレベルのプラス方向についてちょっとだけ書いておきます。

最近のCDデッキなどはデジタルで内部は処理されています。
特にカロッツエリアは内部でのダイナミックレンジを拡大しておくほうが
音質がよくなるようです。実験してみるとわかります。

しかし、上げ過ぎてしまうと反対に歪となり音がわれてしまいますので
適度を見つけないといけないわけです。
純正スピーカーの場合は能率が比較的高いうえにパワーの入らない
スピーカーが多くなっていますので歪まない適度調整が必要です。
この範囲を超えると外部アンプをつけるとともにスピーカーを購入して
徹底的にチューニングしないといけません。

ここまでやってしまうと手軽にやれる範囲を超えてしまい
4万円チューンニングの範囲を越えてしまいますのでご自身で
手軽にチューニングするのか、それとも金を掛け徹底的にやるのか
判断が必要です。

今回の4万円チューニングというのはお金かけず手軽にそこそこ
ハイエンドのサウンドを手に入れるがテーマです。
ワーゲンゴルフ好罅璽供爾楼貪戮試しあれ。

但し、自己責任で行ってください。
私にクレーム来ても困りますのでよろしくお願いします。

では、また。
<スポンサードリンク>


ワーゲンゴルフ?を4万円でサウンドチューニング

ワーゲンゴルフ?を4万円でチューニングするとタイトルつけってしまったが



純正カーオーディオ、又はサイバーナビ付けて

デッドニングと調整だけで中途半端に下手にお金をかけた

高級システムをぶっち抜くサウンドに変化させようという方法である。




これはあまり公開しなくなかったけど、最近メルマガを書くことを

サボっているので完全にチューニングノウハウ公開します。

(実際の加工写真はカットさせていただきます。)



まずドアをまくってみよう。

ドアトリムをはずすにはちょっとコツがいるが、あまり力入れすぎて

壊してしまわないように注意してください。



写真をとったので見てね。ドア側

ワーゲンゴルフ?ドア1写真

ドアトリム側

ワーゲンゴルフ?ドア2写真

見てご覧のとうりドア側にはミッドバスのスピーカーがついて

おります。最近、流行のプラッチック製スピーカーです。



ドアトリム側にはミッドハイ用のスピーカーがついています。

そしてツィターはドアミラーの裏側にあります。

ツイターもそっとはずして置きます。

配線をはずしたりする必要はあまりありませんが

運転席側だけは配線がドアトリムに張り付いているので

そっとはずしておきますが後で戻します。



さてチューニングの方法ですがデッドニングが主体になります。



今回のようなデッドニング材料はジェトロ、この材料でデッドニングします。



今までブチル系の材料でまともに音が良かったのはこれが一番でした。



えー●●ん とか れじ●●●●れなんとかといのは

使い方を間違えると低音が死んでしまいます。



普通の素人には使う量が難しいのです。



測定結果では上記のものは100Hz付近の押さえ込み

が高いので使用の量と他の材料をマッチングさせるなどの

手の込んだ手法がいいが闇雲に制振材料を貼るのは

とても危険ということである。



メルマガでも以前に、お伝えしたようにデッドニングに

この方法が一番という手法は確立されていない。



車をみて直にに判断しなければいけない。

どの部分にどの材料を使うのかを判断しなければ

無駄なお金と努力が水の泡となってしまう。



このデッドニング材料でまず、ドアについているミッドバスの

側面のプラチック部分を制振材でデッドニングしよう。



次にドアの鉄板を叩いてみて弱い部分を探しそこに

部分的に制振材を貼り付けていきます。



ミッドハイ側のスピーカーは一度はずして

フレームに少し不要共振の泣き止めの為に制振材を

調整してはります。程度でかまわない。

ガッツ入れて貼りすぎないようにしよう。



終わったら少し吸音材を15cm程度に切ってスピーカーのバックを覆うと良い。



もっと予算があればドアトリム戻す際に吸音材を貼っておくといい。



余分な振動が吸音されると共に車の走行音もちょっとだけ

静かになるのでメリットはある。



ツイーターにもちょっとだけ同じように小細工する。



ドアトリムにも制振材料を弱い部分に適度に貼っておこう。



これだけでは読んでいる人が納得しないと思うので

どうやって最大のチューンニングをするのかというと

スピーカーのエネルギーバランスを変化させる手法を使う。



又、難しいと思うかもしれないがいいか悪いかは

自作ユーザーなら実験してみてほしい。



当方お得意の音響理論はハース効果を使う。

(ネットで検索して調べてほしい)

簡単には、人間の耳は音速の早い方向から聞こえると

錯覚を起こして聞こえるのである。



つまり、音がフラットにそろった状態だとツィターの方へ

ひっぱられて聞こえる。調整の時にタイムアライメントを

うまく使えばもっと自由にコントロールできるが音の

位相がわかっていないと混乱することになるだろうと思う。



理論はさておいて、ホームセンターで5mmから8mm程度の

小さなネオジュームマグネットを買ってきてほしい。

多分1個100円程度であったと思う。

これをツィターの磁石へくっつけておく。

ツイーターの振幅の力が大きくなり動きがよくなるし音も

力強くなる。



ドアのウーハーは低音だけにしたいのでスピーカーの

センターコーンからの高音はできるだけカットしたい。

そこでちょっとだけ(鼻くそ程度)制振材を切って貼り付けておく



こうすることで高音が鈍くなると同時に振動板が重くなり

デレイをかけるにはちょうどよくツイーターを早く動かして

低音を遅くしてコントロールするということになる。

何でもやりすぎにはご注意!。



これでドアを元に戻して加工は終了です。



次に調整ですが長くなったので次回ということですみません。



では、これで。
<スポンサードリンク>


ワーゲンゴルフ垢4万円でサウンドチューニング

ワーゲンゴルフ垢4万円でチューニングするとタイトルつけってしまったが

純正カーオーディオ、又はサイバーナビ付けて
デッドニングと調整だけで中途半端に下手にお金をかけた
高級システムをぶっち抜くサウンドに変化させようという方法である。


これはあまり公開しなくなかったけど、最近メルマガを書くことを
サボっているので完全にチューニングノウハウ公開します。
(実際の加工写真はカットさせていただきます。)

まずドアをまくってみよう。
ドアトリムをはずすにはちょっとコツがいるが、あまり力入れすぎて
壊してしまわないように注意してください。

写真をとったので見てね。ドア側
ワーゲンゴルフ好疋1写真
ドアトリム側
ワーゲンゴルフ好疋2写真
見てご覧のとうりドア側にはミッドバスのスピーカーがついて
おります。最近、流行のプラッチック製スピーカーです。

ドアトリム側にはミッドハイ用のスピーカーがついています。
そしてツィターはドアミラーの裏側にあります。
ツイターもそっとはずして置きます。
配線をはずしたりする必要はあまりありませんが
運転席側だけは配線がドアトリムに張り付いているので
そっとはずしておきますが後で戻します。

さてチューニングの方法ですがデッドニングが主体になります。

今回のようなデッドニング材料はジェトロ、この材料でデッドニングします。

今までブチル系の材料でまともに音が良かったのはこれが一番でした。

えー●●ん とか れじ●●●●れなんとかといのは
使い方を間違えると低音が死んでしまいます。

普通の素人には使う量が難しいのです。

測定結果では上記のものは100Hz付近の押さえ込み
が高いので使用の量と他の材料をマッチングさせるなどの
手の込んだ手法がいいが闇雲に制振材料を貼るのは
とても危険ということである。

メルマガでも以前に、お伝えしたようにデッドニングに
この方法が一番という手法は確立されていない。

車をみて直にに判断しなければいけない。
どの部分にどの材料を使うのかを判断しなければ
無駄なお金と努力が水の泡となってしまう。

このデッドニング材料でまず、ドアについているミッドバスの
側面のプラチック部分を制振材でデッドニングしよう。

次にドアの鉄板を叩いてみて弱い部分を探しそこに
部分的に制振材を貼り付けていきます。

ミッドハイ側のスピーカーは一度はずして
フレームに少し不要共振の泣き止めの為に制振材を
調整してはります。程度でかまわない。
ガッツ入れて貼りすぎないようにしよう。

終わったら少し吸音材を15cm程度に切ってスピーカーのバックを覆うと良い。

もっと予算があればドアトリム戻す際に吸音材を貼っておくといい。

余分な振動が吸音されると共に車の走行音もちょっとだけ
静かになるのでメリットはある。

ツイーターにもちょっとだけ同じように小細工する。

ドアトリムにも制振材料を弱い部分に適度に貼っておこう。

これだけでは読んでいる人が納得しないと思うので
どうやって最大のチューンニングをするのかというと
スピーカーのエネルギーバランスを変化させる手法を使う。

又、難しいと思うかもしれないがいいか悪いかは
自作ユーザーなら実験してみてほしい。

当方お得意の音響理論はハース効果を使う。
(ネットで検索して調べてほしい)
簡単には、人間の耳は音速の早い方向から聞こえると
錯覚を起こして聞こえるのである。

つまり、音がフラットにそろった状態だとツィターの方へ
ひっぱられて聞こえる。調整の時にタイムアライメントを
うまく使えばもっと自由にコントロールできるが音の
位相がわかっていないと混乱することになるだろうと思う。

理論はさておいて、ホームセンターで5mmから8mm程度の
小さなネオジュームマグネットを買ってきてほしい。
多分1個100円程度であったと思う。
これをツィターの磁石へくっつけておく。
ツイーターの振幅の力が大きくなり動きがよくなるし音も
力強くなる。

ドアのウーハーは低音だけにしたいのでスピーカーの
センターコーンからの高音はできるだけカットしたい。
そこでちょっとだけ(鼻くそ程度)制振材を切って貼り付けておく

こうすることで高音が鈍くなると同時に振動板が重くなり
デレイをかけるにはちょうどよくツイーターを早く動かして
低音を遅くしてコントロールするということになる。
何でもやりすぎにはご注意!。

これでドアを元に戻して加工は終了です。

次に調整ですが長くなったので次回ということですみません。

では、これで。
<スポンサードリンク>


ハイエースのスピーカー取付で普通じゃいや!

先週はとても忙しく取り付けのオンパレードでした。

その中でもハイエースの取り付け例を紹介します。

オーナーの要望は「普通じゃイヤだ!」

何が普通で駄目なのか?

もう、うちに来る客は偏屈者ばかりじゃねーか。

それは、カーステレオのスピーカーは使いたくないでした。
「カロッツエリアははイヤだ。」
「アルパインはイヤだ。」
ナビでも音楽は極上に聴きたい。でもカーステレオのメーカー
のスピーカーは使いたくね。

もう、わがまま言う。

でも、その要望に答えちゃいました。

「最終的に音さえ良ければいいんだろ!。」

お客様 「ハイ。」

というわけでスピーカーの選択をする。

当店では海外メーカーのちょっと変わったブランドの
取り扱いをしている。

スピーカーユニットだけとか、ネットワークのパーツだとか
何でもカスタマイズ可能なパーツがそろう。

で選択したスピーカーユニットは
ミッドレンジはDAYTON AUDIO DC160S-4
ツイーターはBESTON RT003C

このスピーカーを知っているというなら
かなりマニアックな方です。グッド

スピーカーユニットの特徴としては
ミッドというより完全なウーハーなので
LOWは33Hzまで出るとスペックに書いてあるのでかなり凄い。
しかしマグネットが超巨大でシールドタイプだから取り付けが
厄介で難しい。

これこそ普通じゃ駄目だ。

しかも、クロスオーバーの設定周波数にかなり困った。
理想は3KHzにしたい。となるとドームツィターのほうが
選びやすいが自分の理想とするユニットが見つからない。

安い音はイヤなのだ。す〜と30KHzまで伸びて聞こえて
透明感を出したい。となると

BESTONしか思い当たらない。

うちのデモボードでもこれが一番、音が良い。というわけで
これに決定し3.5kHzのクロス限界を選択。

ネットーワークはミッドバスを6dbスロープにして
ツィターは12dbスロープの非対称しにする。
アッテネーターはとりあえず-3dbで決定し
微調整はカロッツエリアのサイバーナビのイコライザー
で行うことにする。

あまり過度にしないのは音の純度を素子で損ないたく無い為である。

まずはドアの防振をするが、ドアが大きいことと
トヨタの車のドアは薄くオーディオには適さない
ほど貧弱だ。

防振材を効果的にするためにはブチル系素材で行うことに
した。

ドアトリムをまくってみたら以外にも
サービスホールが鉄板でふさがれていたりする。
かと思えばプラッチクで別の穴もふさいであったりした。

これをはずしドアの外板とドアトリムさらにサービスホール
側も防振処理をした。

その後、スピーーカーがつく為のマウントやツィター
のマウントを作る。
MDFを削り出して製作。
BESTON マウント削りだし完成

BESTON マウント完成


ミッドバスのスペーサーは鉄板が変形しているので
変形に合わせてパテを盛って修正した変形ボードです。

スピーカーとネットワークのコイルを取り付けすると
ハイエースドアボード装着


ハイエーススピーカー装着

BESTONハイエースに装着した画像

加工と取り付けはこんなものです。
後は調整を追い込む。

作業はこんな感じでした。

視聴に使ったCDディスクの音楽は
amazonで買った自己ベスト-2小田和正

これは買っても損のないアルバムでした。

チューニングのTAは測定器で測定し、ツィーターの位相を反転
して実際の視聴ポイントで正相にする。

レベル調整とTAを追い込んでその後でイコライザーをかけるが
過度にはかけなくてもいい。
必要なパラメーターを探るために測定してみる
中域付近で少し伸びない状態であった為、補正する。

ハイエースのようにツィーターとミッドバスが離れる場合
や視聴ポイントが高い位置では仕方がない事であるためだろう。

エージングが進んでくればかなりフラットに近づくのを期待
する。


今度はまた、4万円でのチューニングでゴルフ垢鬚笋蠅泙后
 

<スポンサードリンク>


新型フォレスタにカロッツエリアXを取り付け完了

新型フォレスタにカロッツエリアXを取り付けのレポートの続き

です。



防振は今回はEFXのアキュマット使いました。

このマットは2mmで粘着の粘り強度は抜群です。

一度貼り付けしたら今まではがれたということは

一度もない実績の高い防振材です。



メルマガでも防振について書きましたが

ドアの外板は別の防振材を複合して強度の

均一化を図っています。

あまり、完全なテクニックは見せたくないので

肝心の写真はありませんがご勘弁ください。

(見ただけでは多分わかりませんけどね。)



スピーカーの取り付けですが

前回にミッドレンジの取り付けボードを製作した

ものを写真でアップしました。



今回は土台がつけられた状態です。

しっかり角度がついてつけられている状態が確認できます。





スピーカーがついた状態の写真です。





ツィターはスピーカーシステム付属のマウントを使って

ピーラーへ取り付けしています。

あまり凝ることなくスムーズにつけました。







デッキ周りの写真です。



アルパインのDVDプレヤーとカロッツエリアの

7インチモニター TVM-W70、RS-D7X



アンプとプロセッサーはトランクですが

トランクに収納ボックスを取り付けて

収納ボックスが取り外し可能にして万が一の時の

スペアタイヤも簡単にはずすことができるように

なっています。



車の持ち主はきれいに取り付けられた

システムに大満足されていました。



最近は申告多忙です。

4万円チューニング防振や新車のナビ取り付け

なども仕事が入ってきています。



2月、3月は新車も売れるので取り付けの作業も

忙しくなりそうです。


<スポンサードリンク>


新型フォレスタにカロッツエリアXを取り付け完了

新型フォレスタにカロッツエリアXを取り付けのレポートの続き
です。

防振は今回はEFXのアキュマット使いました。
このマットは2mmで粘着の粘り強度は抜群です。
一度貼り付けしたら今まではがれたということは
一度もない実績の高い防振材です。

メルマガでも防振について書きましたが
ドアの外板は別の防振材を複合して強度の
均一化を図っています。
あまり、完全なテクニックは見せたくないので
肝心の写真はありませんがご勘弁ください。
(見ただけでは多分わかりませんけどね。)

スピーカーの取り付けですが
前回にミッドレンジの取り付けボードを製作した
ものを写真でアップしました。

今回は土台がつけられた状態です。
しっかり角度がついてつけられている状態が確認できます。


スピーカーがついた状態の写真です。


ツィターはスピーカーシステム付属のマウントを使って
ピーラーへ取り付けしています。
あまり凝ることなくスムーズにつけました。



デッキ周りの写真です。

アルパインのDVDプレヤーとカロッツエリアの
7インチモニター TVM-W70、RS-D7X

アンプとプロセッサーはトランクですが
トランクに収納ボックスを取り付けて
収納ボックスが取り外し可能にして万が一の時の
スペアタイヤも簡単にはずすことができるように
なっています。

車の持ち主はきれいに取り付けられた
システムに大満足されていました。

最近は申告多忙です。
4万円チューニング防振や新車のナビ取り付け
なども仕事が入ってきています。

2月、3月は新車も売れるので取り付けの作業も
忙しくなりそうです。

<スポンサードリンク>


新型フォレスタにカロッツエリアXを取り付け中

久しぶりにブログ書いています。

サーバー移転した為にブログの写真が全部削除されて

しまっています。元には戻せません。がっくし。

気を取り直して



今、店では、新車で入ったお客様のフォレスタにせっせと

カーオーディオのカロッツエリアXのシステム

と最新のアンプPRS-A900、スピーカーはTS-Z171PRS

などフロント2ウエイシステムを取り付け中です。



ドア加工をしてカロッツエリアのTS-Z171PRSを

取り付けするのですが、マグネットがでかい、

奥行きが深いなどで悪戦しております。



この車のスピーカーは純正でプラッチクスピーカー

のお粗末なスピーカーがついていまして

しかも、傾斜がついたものなのです。



ミッドバッフルボードを作るのがちょっと大変です。

インナーで収めるので

ガラス下がった時の干渉が問題でバッフルはいい加減

に作ることはゆるされません。



徹底的に寸法を測り、ドアの干渉も検討して

傾斜付きのスピーカーマウントをつけなければ

いけない。



やっと、パーツを作り、出来上がってきたのが

これ!。

フォレスタバッフルボード写真2



フォレスタバッフルボード写真1



<br


このボードはバーチ材とMDFでボードの隙間はパテできれいに

生めます。パテにすることでボードに重みがつき、音にはいいのです。



音質向上にはしっかりとしたボードの工作は必然です。

ちょっとしたコツとこだわりのボードでもあります。



ドアの方は防振も済ませ今日にはドアは完成するでしょう。

フォレスタドア防振



体が忙しいので完成にはもう少し時間がかかりそうです。

又、このフォレスタのレポートをアップします。





来週はゴルフGTIのドア純正チューンとストリームの

取り外し、その後にはストリーム5.1chの乗せ換えと

結構、忙しいです。



余分な話ですが昨日の家に帰ろうとして

夜、店の前が凍結していて転びました。

かなり派手に転びケツは痛いし首がグキとなって

軽いムチウチ状態でつらいです。



もう、雪なんていらね〜。寒いのは嫌いです。



首が痛いまま仕事してます。

皆さんも気をつけましょうね。

では。
<スポンサードリンク>


新型フォレスタにカロッツエリアXを取り付け中

久しぶりにブログ書いています。
サーバー移転した為にブログの写真が全部削除されて
しまっています。元には戻せません。がっくし。
気を取り直して

今、店では、新車で入ったお客様のフォレスタにせっせと
カーオーディオのカロッツエリアXのシステム
と最新のアンプPRS-A900、スピーカーはTS-Z171PRS
などフロント2ウエイシステムを取り付け中です。

ドア加工をしてカロッツエリアのTS-Z171PRSを
取り付けするのですが、マグネットがでかい、
奥行きが深いなどで悪戦しております。

この車のスピーカーは純正でプラッチクスピーカー
のお粗末なスピーカーがついていまして
しかも、傾斜がついたものなのです。

ミッドバッフルボードを作るのがちょっと大変です。
インナーで収めるので
ガラス下がった時の干渉が問題でバッフルはいい加減
に作ることはゆるされません。

徹底的に寸法を測り、ドアの干渉も検討して
傾斜付きのスピーカーマウントをつけなければ
いけない。

やっと、パーツを作り、出来上がってきたのが
これ!。
フォレスタバッフルボード写真2

フォレスタバッフルボード写真1

<br
このボードはバーチ材とMDFでボードの隙間はパテできれいに
生めます。パテにすることでボードに重みがつき、音にはいいのです。

音質向上にはしっかりとしたボードの工作は必然です。
ちょっとしたコツとこだわりのボードでもあります。

ドアの方は防振も済ませ今日にはドアは完成するでしょう。
フォレスタドア防振

体が忙しいので完成にはもう少し時間がかかりそうです。
又、このフォレスタのレポートをアップします。


来週はゴルフGTIのドア純正チューンとストリームの
取り外し、その後にはストリーム5.1chの乗せ換えと
結構、忙しいです。

余分な話ですが昨日の家に帰ろうとして
夜、店の前が凍結していて転びました。
かなり派手に転びケツは痛いし首がグキとなって
軽いムチウチ状態でつらいです。

もう、雪なんていらね〜。寒いのは嫌いです。

首が痛いまま仕事してます。
皆さんも気をつけましょうね。
では。
<スポンサードリンク>



カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

このサイトから記事を探す

最新の記事

カテゴリー

アーカイブ

リンク

投稿者

書いた記事数:453 最後に更新した日:2018/11/28

このページをIEフィードに追加

携帯

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM