カロッツエリア新商品発表会に行ってきました。

4月19日東京の都ホテルで開催された


カロッツエリアの新商品発表に参加してきました。





新商品は純正カーオーディオでもカロッツエリアXシリーズと


接続できるAVX-P01、Dクラスアンプ3機種


スピーカーシステム17cm2ウエイのTS-Z171PRS、13cm2ウエイの


TS-Z131PRSです。





大きな会場での視聴風景をご覧ください。


広場での視聴風景





デモしていたスピーカーはTS-Z171PRSをバーチカルツインで


特別に作られたものでものすごいいい音出していました。


しかし、デモしていたアンプは私の大好きなブランド、


クレルのホーム用だった。反則だよ。


デモスピーカー


TS-Z171PRSミッドレンジの拡大写真


ミッドレンジ


ミッドウーハーのカットモデルです。


ミッドカットモデル


カーオーディオスピーカーとしては異例のキャンセルマグネット採用で


磁気を強力にしているとか。





TS-Z171PRSツイーターの拡大写真


Wツイーター


スピ−カーの特徴はドーム型採用でワイドレンジでツィターの


クロスオーバー周波数が2.5kHzととても低いです。


車という特殊な環境を考慮して音がフラットに再生できる事を


目指して開発されたということでした。





クロスオーバー周波数が低いのでダッシュボード上には


つながりよい音が再生でき音場感が広いことが特徴です。





まず会場でのAVX-P01の実物写真です。


AVX-P01フロント


リアー接続部


AVXリアー接続部


AVX-P01はヘッドユニットの交換のできない車や他メーカーの


ヘッドユニットを接続できます。


入力もデジタル、アナログと入力できる為、カロッツエリアXとの


接続の幅を広げるマスターユットといえます。





コントロールはとてもユニークでハンドルリモコンが採用されて


いました。細かい調整は別のカードリモコンで操作します。


AVXハンドルリモコン1


AVXハンドルリモコン2





デジタルアンプ3機種も発表されました。


写真は撮ったのですが暗かったのでぼけてしまってお見せできなくてごめんなさい。


4chアンプPRS-D7400、2chアンプPRS-D7200、1chアンプPRS-D7100


で価格は低価格で音は明確、立ち上がりのよい音でした。





又、デモカーでの視聴も行われました。


ベンツ、アルファ2台、スズキスイフトの4台です。


音は私にしてはまあまあでしたがまとまった音でした。


デモカーってどこのメーカーも魅力的とはいえないですね。


とりあえず写真をみてください。車庫であった為、暗く写ってますが我慢してください。


デモカー1





デモカー1





商品の詳しい情報はパイオニアのカロッツエリア、ラインアップページをみてください。 http://pioneer.jp/carrozzeria/products/pure.html





次回は20日に当店でも取り扱いが決まった


ホームオーディオスピーカーFALを紹介します。
<スポンサードリンク>


ETON 新製品紹介

イートンの新製品が発売されました。発売元は正規輸入元 株式会社エムズライン

ETON(イートン) MADE IN GERMANY
A1-160 High Grade 16cmセパレートセット
税込標準価格 ¥178,500

Adventureシリーズに新モデルA1−160High Gradeがデビュー
従来のA1−160をベースに細に至るまで徹底的に改良を行い、
音質をさらに向上させています。
また、新たにマルチシステム用パッシプレスモデルの
A1-160 High Grade type-M 16cmセパレートセット
税込標準価格 ¥157,500(type-M)パッシブレスモデルを設定。

28mmのシルクドームツイーターは振動板の改良、ネオジウムマグネット
の強化をはかってます。グリルを精悍なブラック塗装に変更。
従来モデルと同様の取付寸法で、埋込/据置用マウントが付属。
ミッドレンジは不要な振動を抑えたアルミダイキャストフレーム、
軽量で剛性高いアラミド繊維HEXAコーン、大型マグネットに流体
力学から生み出された形状のセンターホール、サイドリフレクターを
継承。センターキャップの材質を見直しツイーターとの繋がりを改善。
奥行き寸法は変更なく50mmに抑え、取付性の高さを継承しています。
パッシブタロスオーバーは高級コイル、フィルムコンデンサーを使用した音質重視の新設計です。

 

A1-160 High Grade(type-M) 主な仕様

ツィーター     28mm ソフトドーム
ミッドレンジ 160mmアラミド繊維HEXAコーン
周波数特性        48Hz〜25KHz
能率               90dB
クロスオーバー         1.8KHz
インピーダンス           4Ω
最大入力             120W
バッフル開口寸法(ミッド/ツィーター)  143mm/55mm
フレーム外径寸法(ミッド/ツィーター)  165mm/64mm
埋込寸法(ミッド/ツィーター)      50mm/15mm
グリル付属

マルチシステムで使用の場合
ツィーターのハイパスは1.8KHz以上、スロープ12dB/oct以上で
設定してください。
上記条件より下の設定で使用するとツィーターが損傷します。


イートンの特徴とも言える軽量で剛性高いアラミド繊維HEXAコーン
はとても魅力的な音で反応が早く、微弱音まで繊細に再現され
残響がきれいです。特に残響音は他、カーオーディオメーカーに
ないほどの再現力はすばらしいです。


ETONの新製品でパワーアンプ2機種登場

EC-POWER AMPS
EC-300.2A/EC-500.4Sはイートンパワーアンプのエントリーモデル
として生まれました。高音質と低価格を実現しています。

EC-300.2A 130W×2chAMP
税込標準価格 ¥63,000


リーズナブルな130W×2chパワーアンプ。
ハイパス、ローパスどちらでも使用が可能、
また、プリアウトも装備しているので
2台使用したフロント2WAYマルチシステム、
フロント+サブウーファーシステム
を構成できます。

ヒートシンクトップパネルにブルーLEDイルミネーションバーを内蔵。

EC-300.2A 主な仕様
出力電力       130W×2ch 4ΩStereo
           225W×2ch 2ΩStereo
           455W×1ch 4ΩMono
周波数特性           20〜30KHz
歪み率             0.02%以下
SN比              70dB以上
        (@1WCEA 2006 Standard)

内蔵CrossOver  ハイパス、またはローパス
     50〜500Hz or 500〜5KHz 12dB/oct
入力感度       0.15V(150mV)〜5.0V
入力インピーダンス         10KΩ
瞬間最大電流             52A
内蔵ヒューズ           30A×2
ダンピングファクター       200以上
外形寸法(W×H×D)     240×70×310

その他 ブルーLEDイルミネーションバー内蔵
              プリアウト装備
-------------------------------------------
EC-500.4S 75W×2ch+145W×2chAMP
税込標準価格 ¥84,000


75W×2ch+145W×2chあえてパワーを変えた4chパワーアンプ。
フロント2WAYマルチシステムを構成する上でパワー配分を実現し、
音色も限りなく同じにしました。フロント、 リア共にハイパス、
ローパスどちらでも使用できます。またプリアウトを装備しているので、
EC-300.2Aと組合せればフルシステムが構成できます。
ヒートシンクトップパネルにブルーLEDイルミネーションバーを内蔵。


EC-500.4S 主な仕様
出力電力  75W×2ch+145W×2ch 4ΩStereo
      115W×2ch+230W×2ch 2ΩStereo
      235W×1ch+440W×1ch 4ΩMono
周波数特性           10〜30KHz
歪み率             0.03%以下
SN比              70dB以上
        (@1WCEA 2006 Standard)
内蔵CrossOver  ハイパス、またはローパス
     50〜500Hz or 500〜5KHz 12dB/oct
入力感度       0.15V(150mV)〜5.0V
入力インピーダンス         10KΩ
瞬間最大電流             71A
内蔵ヒューズ           40A×2
ダンピングファクター       200以上
外形寸法(W×H×D)     240×70×400

その他 ブルーLEDイルミネーションバー内蔵
              プリアウト装備

記事引用:株式会社エムズラインホームページより

 

 

 

 

<スポンサードリンク>


ロックフォード2007年モデル発売開始

ロックフォード2007年モデル


発売開始されました。





取り扱い元はイースコーポレーション


アドレスはhttp://www.escorp.jp/index.aspx


ニュースリリースからpdfファイルで


ダウンロードしてカタログが見ることできます。





現在、日本で先行発売された物はアンプとウーハーで





アンプは6機種


T400-2,200W×2


T600-2,300W×2


T400-4,100W×4


T6004,150W×4


T500-1bd,500W×1


T1500-1bd,500W×1


標準価格も64000円から109800円と


リーズナブルな価格となっている。





2007年モデルは小型なサイズと


効率アップが図られ熱安定度が高くなり


70年代初期に、創立者の事務、フォズゲートが開発した


車内聴覚に基づいたイコライザーシステムが魅了する。





又、ロックフォードのアンプの印象といえば


パーワーが強く安定度も抜群だ。


音質も切れの良いリズム系の音楽には


最適である。





ウーハーのバリエーションは多く


22機種とかなり豊富なラインナップがすごい


全部は書ききれないが大きく分けて


P1、P2、P3となっておりサイズは


10インチと12インチでP3のみ38cm口径がある。





P1はシングルボイスコイル、4オームと8オーム


P2はデュアルボイスコイル、2オームと4オーム


P3はデュアルボイスコイル、2オームと4オーム





フレームもダイキャストフレームで強靭で


以前のモデルよりパワーアップした感じだ。


音質はタイトかつディープなベースサウンドが


魅了する。





今後、メインのスピーカーシステムも販売予定との


事で、在庫品薄状態だが2月中ごろの予定となっている


そうだ。





今年のロックフォードは非常に楽しいものとなるだろう。





当店ではロックフォードは日本発売当初から


取り扱っていますのでお気軽お問い合わせください。








今日、エスティマの新車にナビ取り付け終了しました。


画像編集してアップ予定です。






<スポンサードリンク>



カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

このサイトから記事を探す

最新の記事

カテゴリー

アーカイブ

リンク

投稿者

書いた記事数:448 最後に更新した日:2018/07/13

このページをIEフィードに追加

携帯

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM