日産NV モレルmaximus602取付レポート

先日、モレルのmaximus602(マキシマスろくまるに)を日産のNVに取付しましたのでレポートいたします。カーオーディオは純正ナビで純正スピーカーがあまりにも音が悪く、お金もあまりかけず何とかしたいということで、そここそのスピーカー選択で音質向上を目指す事を約束してご依頼をいただきました。

日産NV

モレルのmaximus602はスピーカーの仕事量(能率)が高いスピーカーです。接続方法もドアスピーカー交換なら純正コネクターに接続するだけですし、ツィーター側も付属のスピーカー線にネットワークのコンデンサーがついていますのでナビのスピーカー端子に接続するだけの非常にシンプルなスピーカーセットです。

 

取付する日産NVはリアースピーカーがなく接続されていないということでしたのでナビのフロント出力にモレルmaximus602のミッドバスをつなぎ、リア出力にツィーターを接続するようにしました。純正ナビはパナソニックだったのですが音質調整の設定画面ではタイムアライメントがありましたのでこれとイコライザー、各出力のレベル設定、軽く音質補正にイコライザーを使うことにしました。

 

早速、作業と取り掛かります。ドアからドアトリムを外しますと少し厚めのビニールでサービスホールを覆っています。これを外し作業開始です。

日産NVドア 日産NV

ドア内部には制振材も貼ってなくスカスカで鉄板の泣きも多い状態です。大きな面積には制振材を多めに貼っていきます。制振材はブチルにアルミが貼ってある材料です。

日産NVデッドニング

中を貼り終えたたらいつもどうりにサービスホールを塞ぎます。先に作っておいたバーチ材でのインナーバッフルをつけておきました。

日産NVデッドニング

スピーカーも取付します。配線はあらかじめ純正配線に接続するようにしました。制振材が少し余ったのでドアトリムにおまけで貼りました。少しでもドアトリムの振動が無くなればとの簡単な思いです。
モレルmaximus6 ドアトリム制振材貼り付け

元に戻せばドアは完成です。次はツィーターですが付属のマウントを使ってダッシュボードに両面テープで貼り付けしました。配線は純正ナビの配線を少し改造してダイレクトにリアー出力につなぎました。

モレルmaximus

取付はこれで完成です。少しエージングして調整しました。まずは適正なタイムアライメント調整でフロントチャンネル、次にリアチャンネルを確認してダッシュセンターに集まるように調整し、少しツィーターのレベルが高く感じたのでナビの画面にてレベルダウンしました。いろいろな音楽をかけてみて試聴を繰り返しながらバランスの悪い帯域を2〜3個だけイコライザーで補正しました。純正ナビですからあまりいじる過ぎると鮮度がなくなるようで少し音に特徴があっても鮮度が失わない程度に調整しておきました。

 

お客様が車を引き取りに来ていただいて、自分のCDを何枚か試聴されていて降りてきた時には今までと全然違う音でいいと言ってくれました。後で話を聞くと昔はナカミチ、ADS335PXなどのハイエンドカーオーディオを取付していた経歴にある方でした。昔はものすごくお金かけていたそうです。

「今は安くて昔よりもいい音は簡単に入るんですね。これで十分です。」との事。

お金を多額にかければいいってもんじゃないと思います。何かが高くなるとリスクも高くなるということ。そこそこも悪くはないのです。

 

如何でしたでしょうか。あなたもそこそこカーオーディオで楽しんでみてはいかがでしょうか。
ご予算言って頂ければ何ができるのかを提案させていただきますので是非、お問合せください。

5月の取付スケジュールは何も決まっておりませんのでお早めにご予約ください。では、また。

 

JUGEMテーマ:カーオーディオ

<スポンサードリンク>



カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

このサイトから記事を探す

最新の記事

カテゴリー

アーカイブ

リンク

投稿者

書いた記事数:453 最後に更新した日:2017/07/28

このページをIEフィードに追加

携帯

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM