初心者カーオーディオ講座 位相の話

カーオーディオの専門用語でよく位相(いそう)フェィズという言葉を聞くことがあると思います。そこでカーオーディオで使われる位相の話をしてみようと思います。



位相というのは波形の周期、1波長における波形の位置。1周期を360度して角度であらわす事。



こう書くとなにやら難しい感じがしてわかりにくいですね。

カーオーディオではよく単純にスピーカーを正相、とか逆相とか言う事があります。



これは、接続が正しくプラスマイナスが合っている状態を正相、反対に接続を逆相といい。逆に接続にしたとき180度反転したといいます。この状態を位相を反転したということになります。



つまり、スピーカー端子のプラス、マイナスを反転して接続したことを角度であらわすなら0度から180度に反転したという事になります。



位相というのは角度であらわし、0度、90度、180度、360度で1周期で元にもどります。この繰り返しが音となっているのです。



カーオーディオで位相は正相と逆相だけではありません。

意外と知られていないのがネットワークのスロープの切り方によっても位相が変化すると言われています。



6dbスロープで30度、12dbで60度、18dbで90度と言うように変化します。これをアナログ時計のように見立てると回転していきます。

例えば3時で18db、90度となり位相は正相、逆相どちらにも向いていない状態となります。



位相はタイムアライメントをかける事でも変化します。

音は1周期の繰り返しですから0度から360度をタイムアライメントでは時間を延滞して周期をずらしてリスナーに到達する時間をあわそうとしているわけです。タイムアライメントでの位相は時間にも関係があるということです。



カーオーディオではスピーカーの取り付け位置が車によってさまざまな位置に取り付けしてあったりしますので位置がバラバラの状態では位相の整合が取り難いということになります。



アナログネットワーク(パッシブネットワークも含む)だったりすると余計に位相の変化もあってスピーカーからのが音がリスナーに到達する時間が左右同じでない限り、リスナーに到達する時間の位相の整合はバラバラとなり整合することが難しいのです。





位相のことを整頓すると



・1周期を角度であらわし、位相はプラスからマイナスで1周期。

・時間をずらす事も1周期をずらしているので位相をずらすという。

・ネットワークでも位相が変る。

・スピーカーの角度をつけることでも周波数特性や指向性が変化し、位相が変化したともいいいます。

・角度が変化したり時間が変化したりすることによって位相が変化するという。



結構ややこしい話ですが、カーオーディオはこの位相の整合がきっちり合っていないと音が悪くなりやすいと言う事だけは覚えておくといいと思います。



この位相を考えるとカーオーディオはデジタルを使った機器のほうが調整も楽で有利だと言う事がわかると思いますが使い方を間違ってしまえばアナログもデジタルもありません。



いくら操作説明書をみても操作の仕方が書いてあっても位相があっているのかもわかりませんし、タイムアライメントでスピーカーからの距離を図って入れただけでは本当に合っているのかもわかりません。



調整が非常に難しいのは当然ですから経験と音響ノウハウが無いと理想が音作りは難しいのが現状ですからカーオーディオといっても奥がとても深いのです。
<スポンサードリンク>


初心者カーオーディオ講座 位相の話

カーオーディオの専門用語でよく位相(いそう)フェィズという言葉を聞くことがあると思います。そこでカーオーディオで使われる位相の話をしてみようと思います。

位相というのは波形の周期、1波長における波形の位置。1周期を360度して角度であらわす事。

こう書くとなにやら難しい感じがしてわかりにくいですね。
カーオーディオではよく単純にスピーカーを正相、とか逆相とか言う事があります。

これは、接続が正しくプラスマイナスが合っている状態を正相、反対に接続を逆相といい。逆に接続にしたとき180度反転したといいます。この状態を位相を反転したということになります。

つまり、スピーカー端子のプラス、マイナスを反転して接続したことを角度であらわすなら0度から180度に反転したという事になります。

位相というのは角度であらわし、0度、90度、180度、360度で1周期で元にもどります。この繰り返しが音となっているのです。

カーオーディオで位相は正相と逆相だけではありません。
意外と知られていないのがネットワークのスロープの切り方によっても位相が変化すると言われています。

6dbスロープで30度、12dbで60度、18dbで90度と言うように変化します。これをアナログ時計のように見立てると回転していきます。
例えば3時で18db、90度となり位相は正相、逆相どちらにも向いていない状態となります。

位相はタイムアライメントをかける事でも変化します。
音は1周期の繰り返しですから0度から360度をタイムアライメントでは時間を延滞して周期をずらしてリスナーに到達する時間をあわそうとしているわけです。タイムアライメントでの位相は時間にも関係があるということです。

カーオーディオではスピーカーの取り付け位置が車によってさまざまな位置に取り付けしてあったりしますので位置がバラバラの状態では位相の整合が取り難いということになります。

アナログネットワーク(パッシブネットワークも含む)だったりすると余計に位相の変化もあってスピーカーからのが音がリスナーに到達する時間が左右同じでない限り、リスナーに到達する時間の位相の整合はバラバラとなり整合することが難しいのです。


位相のことを整頓すると

・1周期を角度であらわし、位相はプラスからマイナスで1周期。
・時間をずらす事も1周期をずらしているので位相をずらすという。
・ネットワークでも位相が変る。
・スピーカーの角度をつけることでも周波数特性や指向性が変化し、位相が変化したともいいいます。
・角度が変化したり時間が変化したりすることによって位相が変化するという。

結構ややこしい話ですが、カーオーディオはこの位相の整合がきっちり合っていないと音が悪くなりやすいと言う事だけは覚えておくといいと思います。

この位相を考えるとカーオーディオはデジタルを使った機器のほうが調整も楽で有利だと言う事がわかると思いますが使い方を間違ってしまえばアナログもデジタルもありません。

いくら操作説明書をみても操作の仕方が書いてあっても位相があっているのかもわかりませんし、タイムアライメントでスピーカーからの距離を図って入れただけでは本当に合っているのかもわかりません。

調整が非常に難しいのは当然ですから経験と音響ノウハウが無いと理想が音作りは難しいのが現状ですからカーオーディオといっても奥がとても深いのです。
<スポンサードリンク>


カーオーディオの取り付けをプロショップに頼む前に

カーオーディオの取り付けをショップにまかせるとしたら何を基準でお店選びをしたら良いのかアドバイスしてみたいと思います。



前回にDIY(自作)もいいと書きました。しかし、自分でするのが怖い。壊してしまうかもしれないなど不安な要素は多いはずです。



いろんな資料やネットで検索すればたくさんの人が情報を公開していますが、詳細まで知ることはなかなか難しいのが現状です。



ショップを探すのにネット検索は一番早く探せますがネットにもでていなくて実は実力のあるお店というのも世の中あるものです。



 そこで貴方に聞きます。



貴方が一番、カーオーディオに求める事は何でしょうか。



値段でしょうか、音質でしょうか、取り付けの見た目でしょうか。

多分通常考えることはそれだけだと思います。



ここが一番問題なのです。

私の店でも来られる方に意外と多いのですが何がしたいのかわからないという人がいます。



なんとなく音が良くしたい。見た目も良くしたい。お金だけは出せない。というような、すべてなんとなくのです。



カーオーディオの音が良くしたいのなら、どのくらい音が良くしたいのかが問題なのです。



お店に行ってなんとなくではお店の人も困ります。



金銭的にも予算はこのくらいですが何処までできますか?と質問できるぐらいでないといけないのです。



あいまいに思っていると店のほうが勝手に提案してきます。

その価格には自分の思っている事意外の予想を超える金額的な見積もりも出るかもしれません。



自分でカーオーディオの取り付けは何処までするのか最終的に決定する権限を譲ってはいけません。



カーオーディオのデッドニングはどんな作業をやってくれるのか、それが本当に正しいやり方なのか、その作業に意味はあるのか。



スピーカーの取り付けに音響的なノウハウを持っているいるのかを

聞いて自分で判断してください。



それを聞いてその場で決めない事。



なぜならば、違うカーオーディオショップに行くと又違った事を言ってきます。

店には特徴があってその店の得意としていることがあるのでそれしかお客に勧めない事があるからです。



カーオーディオは完成品でないため取り付けして調整をやって完成させる必要があるので人任せは慎重なほうがいいのです。



近くのカーオーディオショップより少し足を伸ばしてガソリン代を使っても自分の為に全力でやってくれるショップを探してください。



カーオーディオを買っているのだから音を良くできなければショップに頼む理由がありません。



貴方のカーオーディオで一番、何を大切にしたいのかを考えて、その希望を絶対にかなえてくれる。そんなカーオーディオのお店を探してください。
<スポンサードリンク>


カーオーディオの取り付けをプロショップに頼む前に

カーオーディオの取り付けをショップにまかせるとしたら何を基準でお店選びをしたら良いのかアドバイスしてみたいと思います。

前回にDIY(自作)もいいと書きました。しかし、自分でするのが怖い。壊してしまうかもしれないなど不安な要素は多いはずです。

いろんな資料やネットで検索すればたくさんの人が情報を公開していますが、詳細まで知ることはなかなか難しいのが現状です。

ショップを探すのにネット検索は一番早く探せますがネットにもでていなくて実は実力のあるお店というのも世の中あるものです。

 そこで貴方に聞きます。

貴方が一番、カーオーディオに求める事は何でしょうか。

値段でしょうか、音質でしょうか、取り付けの見た目でしょうか。
多分通常考えることはそれだけだと思います。

ここが一番問題なのです。
私の店でも来られる方に意外と多いのですが何がしたいのかわからないという人がいます。

なんとなく音が良くしたい。見た目も良くしたい。お金だけは出せない。というような、すべてなんとなくのです。

カーオーディオの音が良くしたいのなら、どのくらい音が良くしたいのかが問題なのです。

お店に行ってなんとなくではお店の人も困ります。

金銭的にも予算はこのくらいですが何処までできますか?と質問できるぐらいでないといけないのです。

あいまいに思っていると店のほうが勝手に提案してきます。
その価格には自分の思っている事意外の予想を超える金額的な見積もりも出るかもしれません。

自分でカーオーディオの取り付けは何処までするのか最終的に決定する権限を譲ってはいけません。

カーオーディオのデッドニングはどんな作業をやってくれるのか、それが本当に正しいやり方なのか、その作業に意味はあるのか。

スピーカーの取り付けに音響的なノウハウを持っているいるのかを
聞いて自分で判断してください。

それを聞いてその場で決めない事。

なぜならば、違うカーオーディオショップに行くと又違った事を言ってきます。
店には特徴があってその店の得意としていることがあるのでそれしかお客に勧めない事があるからです。

カーオーディオは完成品でないため取り付けして調整をやって完成させる必要があるので人任せは慎重なほうがいいのです。

近くのカーオーディオショップより少し足を伸ばしてガソリン代を使っても自分の為に全力でやってくれるショップを探してください。

カーオーディオを買っているのだから音を良くできなければショップに頼む理由がありません。

貴方のカーオーディオで一番、何を大切にしたいのかを考えて、その希望を絶対にかなえてくれる。そんなカーオーディオのお店を探してください。
<スポンサードリンク>


タイムアライメントは本当に必要なのか 詳しく知ろう。

タイムアライメントについて考えてみようと思います。



カーオーディオでは今や必要な調整機能として使われている機能で知っている人も多いと思います。



タイムアライメントとはどういう機能かというと簡単にはスピーカーからでる音の時間軸をずらします。



ホームオーディオで聞く場合の一番良いポジションは左右スピーカーの真ん中で、左右のスピーカーの距離、リスナーへの到達時間、音圧レベルがすべて左右が同じとなります。



カーステレオの場合は左右座席の位置が決まっているのでホームオーディオのように左右のスピーカーが同一条件で聞くことができないのでこれを少しでも解消するために考えられて搭載した一つの機能がタイムアライメントというわけです。



カーオーディオでは左右のスピーカーの距離が変更できないので

スピーカーの時間は左が遠く、右が近いので右の時間をタイムアライメントで延滞(遅らす)のですがはたしてこれだけでいいのかと疑問に思うのです。



なぜならば、左右が均等でなければならないという条件から考えると左右、同じの音圧も調整されなければホームオーディオと同じ条件にはなりません。



ここで調整できる機能とすれば左右バランンスや外部アンプがあればゲイン調整、デジタルのネットワークがあればそこで右を落とすなどが考えられます。



ナビやCDデッキのバランスの機能では1レベル動かすと音の移動が大きいので厳密なレベル調整は難しくなります。

又、デジタルのネットワークでもレベルダウンの1ステップがおおきい場合も同様に厳密な調整が難しいかとも思います。



アンプの入力ゲインだと左右独立したアンプの入力ゲイン調整ができるアンプだと調整も可能となります。



実はタイムアライメントとレベルの関係はとても重要で音圧レベルを落とすと音は移動します。また、タイムアライメントも時間を延滞することで音が同じように移動するのです。



タイムアライメントと音圧レベルは切ってもきれない関係にあるということに気がついてほしいのです。



では、タイムアライメントのないCDデッキだった場合はどう調整すればいいかということも感のいい方ならはっと気がついたはずです。



そう、厳密に左右レベルを少し落とすことで移動が可能だということなんです。しかし、これは左右2個だけのスピーカーの場合だけです。



カーオーディオでは2ウエイのセパレートタイプスピーカーとなると取付の位置で各スピーカーの距離がそれぞれ違ってくることがほとんどなので各スピーカーの音圧レベルやタイムアライメント(時間の延滞)が正確でなければホームオーディオのような同一条件とはなりませんので複雑化します。



その他、スピーカーの向きなどによっても特性が違ってきたりしますので必ずしもタイムアライメントがあるからと言って万能とはいえない部分もでてきますので理解して使いこなさないと何をしているのかわからなくなります。



タイムアライメントの欠点は1ポジションだけがリスニングポイントが一番、音を良くできるが左右座席で均等に聞く事はできないことになる。カーオーディオでは聞き方によっては必ずしもタイムアライメントが万能とはいえないかもしれない。



しかし、1ポジションに限定すればこれ以上の面白い調整機能は使わない手はありません。



結論

カーオーディオではタイムアライメントはあれば便利な機能でもあるが音圧レベルも考慮しないといけないということ。

無い場合は理屈を考えどうすれば全体がうまく再生できるのかを考えてスピーカー取付や調整をしないと音はまとまらずバラバラになってしまう危険があるということ。



さて、貴方はタイムアライメントをどう使う?。



<<カーオーディオ diy 初心者もチャレンジ | 初心者カーオーディオ講座
<スポンサードリンク>


タイムアライメントは本当に必要なのか 詳しく知ろう。

タイムアライメントについて考えてみようと思います。

カーオーディオでは今や必要な調整機能として使われている機能で知っている人も多いと思います。

タイムアライメントとはどういう機能かというと簡単にはスピーカーからでる音の時間軸をずらします。

ホームオーディオで聞く場合の一番良いポジションは左右スピーカーの真ん中で、左右のスピーカーの距離、リスナーへの到達時間、音圧レベルがすべて左右が同じとなります。

カーステレオの場合は左右座席の位置が決まっているのでホームオーディオのように左右のスピーカーが同一条件で聞くことができないのでこれを少しでも解消するために考えられて搭載した一つの機能がタイムアライメントというわけです。

カーオーディオでは左右のスピーカーの距離が変更できないので
スピーカーの時間は左が遠く、右が近いので右の時間をタイムアライメントで延滞(遅らす)のですがはたしてこれだけでいいのかと疑問に思うのです。

なぜならば、左右が均等でなければならないという条件から考えると左右、同じの音圧も調整されなければホームオーディオと同じ条件にはなりません。

ここで調整できる機能とすれば左右バランンスや外部アンプがあればゲイン調整、デジタルのネットワークがあればそこで右を落とすなどが考えられます。

ナビやCDデッキのバランスの機能では1レベル動かすと音の移動が大きいので厳密なレベル調整は難しくなります。
又、デジタルのネットワークでもレベルダウンの1ステップがおおきい場合も同様に厳密な調整が難しいかとも思います。

アンプの入力ゲインだと左右独立したアンプの入力ゲイン調整ができるアンプだと調整も可能となります。

実はタイムアライメントとレベルの関係はとても重要で音圧レベルを落とすと音は移動します。また、タイムアライメントも時間を延滞することで音が同じように移動するのです。

タイムアライメントと音圧レベルは切ってもきれない関係にあるということに気がついてほしいのです。

では、タイムアライメントのないCDデッキだった場合はどう調整すればいいかということも感のいい方ならはっと気がついたはずです。

そう、厳密に左右レベルを少し落とすことで移動が可能だということなんです。しかし、これは左右2個だけのスピーカーの場合だけです。

カーオーディオでは2ウエイのセパレートタイプスピーカーとなると取付の位置で各スピーカーの距離がそれぞれ違ってくることがほとんどなので各スピーカーの音圧レベルやタイムアライメント(時間の延滞)が正確でなければホームオーディオのような同一条件とはなりませんので複雑化します。

その他、スピーカーの向きなどによっても特性が違ってきたりしますので必ずしもタイムアライメントがあるからと言って万能とはいえない部分もでてきますので理解して使いこなさないと何をしているのかわからなくなります。

タイムアライメントの欠点は1ポジションだけがリスニングポイントが一番、音を良くできるが左右座席で均等に聞く事はできないことになる。カーオーディオでは聞き方によっては必ずしもタイムアライメントが万能とはいえないかもしれない。

しかし、1ポジションに限定すればこれ以上の面白い調整機能は使わない手はありません。

結論
カーオーディオではタイムアライメントはあれば便利な機能でもあるが音圧レベルも考慮しないといけないということ。
無い場合は理屈を考えどうすれば全体がうまく再生できるのかを考えてスピーカー取付や調整をしないと音はまとまらずバラバラになってしまう危険があるということ。

さて、貴方はタイムアライメントをどう使う?。

<<カーオーディオ diy 初心者もチャレンジ | 初心者カーオーディオ講座
<スポンサードリンク>


カーオーディオ diy 初心者もチャレンジ

カーオーディオdiy、カーオーディオ自作をしたいと思っている人は最近多いと思います。



DIYでやればカーオーディオも親しみもわきますし、自分でつけた満足感や面白さが味わえます。



初心者にとって自分で取り付けることが気分的にハードなイメージがると思いますが

国産車ぐらいなら比較的簡単にCDプレーヤーぐらい取り付けできなきことはありません。

最近の国産車ははめ込みパネルも多いのではずす順番がわかれば簡単かもしれません。



アルパイン、アゼストのホームページでも一部の車種の分解図と

配線の図が公開されていますので結構参考になりますので検索してみるといいでしょう。



カーナビなどは分解図と配線図に車速の配線などものっているので配線ミスさえなければナビもつけることもできたりします。



カーオーディオの取り付けには車種によっては取付キットや配線コネクターなどを用意しないと取付できない事もあるので事前に調べて用意する必要があります。



初心者が初めて取り付けする時の注意点として決して無理をしないことです。

パネルなどがどん風についているのか十分に探って取り外すように注意しないと

パネルなどを傷つけてしまいますので注意が必要です。

自分の車だからといっても傷がついてしまえば見た目は結構悪く見えていまします。



カーオーディオのスピーカー取り付けもコツを覚えてしまえば簡単かもしれませんが音のメカニズムがあるので下手に取り換えすると音が悪くなることもありえますので最初から手をつけないほうがいいかもしれません。

又、スピーカー取り付けの時はデッドニングもしたほうが良いので少し調べた上で自分で取り付けできそうかどうか調べてみてください。



自分でとにかくやってみる、カーオーディオdiyはできると結構楽しいものです。



くれぐれも配線ミスと傷には注意ください。



カーオーディオの取り付けが自分で難しいと思った時や、きれいに作業を済ませたいと思うなら専門店に相談することをおすすめします。



ちなみに当店では取付工賃は作業によって多少は違いますが基本的な取り付け料金は量販店とさほど変わりません。
<スポンサードリンク>


カーオーディオ diy 初心者もチャレンジ

カーオーディオdiy、カーオーディオ自作をしたいと思っている人は最近多いと思います。

DIYでやればカーオーディオも親しみもわきますし、自分でつけた満足感や面白さが味わえます。

初心者にとって自分で取り付けることが気分的にハードなイメージがると思いますが
国産車ぐらいなら比較的簡単にCDプレーヤーぐらい取り付けできなきことはありません。
最近の国産車ははめ込みパネルも多いのではずす順番がわかれば簡単かもしれません。

アルパイン、アゼストのホームページでも一部の車種の分解図と
配線の図が公開されていますので結構参考になりますので検索してみるといいでしょう。

カーナビなどは分解図と配線図に車速の配線などものっているので配線ミスさえなければナビもつけることもできたりします。

カーオーディオの取り付けには車種によっては取付キットや配線コネクターなどを用意しないと取付できない事もあるので事前に調べて用意する必要があります。

初心者が初めて取り付けする時の注意点として決して無理をしないことです。
パネルなどがどん風についているのか十分に探って取り外すように注意しないと
パネルなどを傷つけてしまいますので注意が必要です。
自分の車だからといっても傷がついてしまえば見た目は結構悪く見えていまします。

カーオーディオのスピーカー取り付けもコツを覚えてしまえば簡単かもしれませんが音のメカニズムがあるので下手に取り換えすると音が悪くなることもありえますので最初から手をつけないほうがいいかもしれません。
又、スピーカー取り付けの時はデッドニングもしたほうが良いので少し調べた上で自分で取り付けできそうかどうか調べてみてください。

自分でとにかくやってみる、カーオーディオdiyはできると結構楽しいものです。

くれぐれも配線ミスと傷には注意ください。

カーオーディオの取り付けが自分で難しいと思った時や、きれいに作業を済ませたいと思うなら専門店に相談することをおすすめします。

ちなみに当店では取付工賃は作業によって多少は違いますが基本的な取り付け料金は量販店とさほど変わりません。
<スポンサードリンク>


初心者カーオーディオ講座 ヘッドユニットは何が良いのか

カーオーディオのヘッドユニットはどんな物を選べば良いのかを考えてみましょう。



最近は単品CDプレーヤよりカーナビのほうが主流だと思いますが音質を優先するなら一部の少し値段が高いCDプレーヤーのほうが音質にこだわったCDプレーヤーが存在するのでこちらのヘッドユニットを選ぶほうが後々、システムをグレードアップするのに適しています。



価格の高いCDプレーヤーは何が違うのかというと音質を調整する機能が豊富なことと本体に使われている音響パーツがより音質の高い物を使ったりしています。



まず、コストより音質を優先するコンセプトがあるため少し価格も高めになってしまいます。



デジタルからアナログの変換精度を高めるパーツD/Aコンバーターの部品やコンデンサー、抵抗などや本体のシャーシーを銅メッキシシャーシー(磁気歪みを防ぐ役目があります。)を採用したり、わずかにシャ−シーの剛性が違ったりしています。



CDプレーヤーでもっとも大切な部分はマスタークロックです。

マスタークロックはCDから取り出した信号をデジタル信号の生成するとても重要な部分ですがこの精度が高いほど優秀なプレーヤーとして認められています。



カロッツエリアの一部のCDプレーヤー、DEX-P930、DEX-P01、AVH-P900DVA、カロッツエリアXのRSD7?などのマスタークロックはホームオーディオのハイエンド機種にも劣らずの精度を持っています。



ホーム用CDプレーヤーはこのマスタークロック精度を高めるために100万円以上もするCDプレーヤーも珍しくはありません。



カーオーディオではこのマスタークロック以外にも重要なところは多いのですが貧弱になりやすい部分として電源があります。

カーオーディオで電源を少し強化しただけでも音質が良くなる傾向があります。



車の電源はコンピューターなどの高周波信号が入り混じり結構汚れた電源になってしまうので電源がきれいだといいことは誰でも想像つくと思います。



カーオーディオのCDプレーヤーを選択は結構好みがあったりして選ぶのは大変だと思いますが音質をあまり優先しないなら自分の使う目的に応じた機種を選択するといいでしょう。



最近はipotなどのデジタルオーディオプレーヤーが主流ななる傾向もありますのでipotをつないだときにipotをコントロールしてくれるヘッドユニットや曲目の表示が見やすいといった感じものを選ぶ方法もあると思います。



ちなみにipotをデジタル出力してカロッツエリアのオーディオマスターユニットAXM-P01入力しDEQ-P01などに接続すれば本格的なシステムを構築できます。DVD入力もOKですし純正のオーディオも入力可能でとても便利なマスターユニットです。



ナビでもオーディオプレーヤーとして最近はそこそこの性能はありますが単品ヘッドユニットほどの性能はないので音質をアップさせたい気持ちがあるならカーナビはそこそこにしてシステムアップできるヘッドユニットをおすすめします。



初心者であっても自分が今後どのようなシステムに発展させるのかを創造してシステムを選びましょう。



追伸

カーオーディオのイベント明日11日やります。

内容は前のページに書いてありますので見てください。
<スポンサードリンク>


初心者カーオーディオ講座 ヘッドユニットは何が良いのか

カーオーディオのヘッドユニットはどんな物を選べば良いのかを考えてみましょう。

最近は単品CDプレーヤよりカーナビのほうが主流だと思いますが音質を優先するなら一部の少し値段が高いCDプレーヤーのほうが音質にこだわったCDプレーヤーが存在するのでこちらのヘッドユニットを選ぶほうが後々、システムをグレードアップするのに適しています。

価格の高いCDプレーヤーは何が違うのかというと音質を調整する機能が豊富なことと本体に使われている音響パーツがより音質の高い物を使ったりしています。

まず、コストより音質を優先するコンセプトがあるため少し価格も高めになってしまいます。

デジタルからアナログの変換精度を高めるパーツD/Aコンバーターの部品やコンデンサー、抵抗などや本体のシャーシーを銅メッキシシャーシー(磁気歪みを防ぐ役目があります。)を採用したり、わずかにシャ−シーの剛性が違ったりしています。

CDプレーヤーでもっとも大切な部分はマスタークロックです。
マスタークロックはCDから取り出した信号をデジタル信号の生成するとても重要な部分ですがこの精度が高いほど優秀なプレーヤーとして認められています。

カロッツエリアの一部のCDプレーヤー、DEX-P930、DEX-P01、AVH-P900DVA、カロッツエリアXのRSD7靴覆匹離泪好拭璽ロックはホームオーディオのハイエンド機種にも劣らずの精度を持っています。

ホーム用CDプレーヤーはこのマスタークロック精度を高めるために100万円以上もするCDプレーヤーも珍しくはありません。

カーオーディオではこのマスタークロック以外にも重要なところは多いのですが貧弱になりやすい部分として電源があります。
カーオーディオで電源を少し強化しただけでも音質が良くなる傾向があります。

車の電源はコンピューターなどの高周波信号が入り混じり結構汚れた電源になってしまうので電源がきれいだといいことは誰でも想像つくと思います。

カーオーディオのCDプレーヤーを選択は結構好みがあったりして選ぶのは大変だと思いますが音質をあまり優先しないなら自分の使う目的に応じた機種を選択するといいでしょう。

最近はipotなどのデジタルオーディオプレーヤーが主流ななる傾向もありますのでipotをつないだときにipotをコントロールしてくれるヘッドユニットや曲目の表示が見やすいといった感じものを選ぶ方法もあると思います。

ちなみにipotをデジタル出力してカロッツエリアのオーディオマスターユニットAXM-P01入力しDEQ-P01などに接続すれば本格的なシステムを構築できます。DVD入力もOKですし純正のオーディオも入力可能でとても便利なマスターユニットです。

ナビでもオーディオプレーヤーとして最近はそこそこの性能はありますが単品ヘッドユニットほどの性能はないので音質をアップさせたい気持ちがあるならカーナビはそこそこにしてシステムアップできるヘッドユニットをおすすめします。

初心者であっても自分が今後どのようなシステムに発展させるのかを創造してシステムを選びましょう。

追伸
カーオーディオのイベント明日11日やります。
内容は前のページに書いてありますので見てください。
<スポンサードリンク>



カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

このサイトから記事を探す

最新の記事

カテゴリー

アーカイブ

リンク

投稿者

書いた記事数:448 最後に更新した日:2018/07/13

このページをIEフィードに追加

携帯

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM